ここから本文です

ランチェスター戦略についてお詳しい方がおられましたら。 某地域密着型建設会...

kin********さん

2013/2/612:05:00

ランチェスター戦略についてお詳しい方がおられましたら。

某地域密着型建設会社の営業です。
戦略方法に「ランチェスター戦略」というものがあり、参考本まどを読んでみましたがイマイチ自社にあてはめることができま

せん。

わが社と同じような建設会社にお勤め、もしくはこの戦略に詳しい方がおられましたら、マーケティングなどどんなものを指標として進めることが賢明かレクチャーください。

閲覧数:
755
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kii********さん

2013/2/614:00:17

まず、第一法則、第二法則を理解している前提でお話します。

強者であるAと弱者であるBで戦った場合、第1法則を適用したときのほうが
Aの損害が大きい、よって弱者Bは第一法則で戦える戦場を選ぶべきと言う事です

これをマーケティングに当てはめると
一つの特殊な分野(狭い戦場)に特化することで
そこまで手を回す余裕のない大企業の隙(接近戦・一対一の戦闘)を
突くと言う解釈になります

実際の例であまり成功していませんが
エスバイエルとヤマダ電機の
家電までトータルした住宅
これも弱者の強み(家電)を表面化した
戦略と言えましょう

まとめで言えば
弱者は差別化戦略(=武器効率を高める)をすることです
弱者は①局地戦②接近戦③一騎討ち④一点集中⑤陽動戦(フェイク・ゲリラ)
を取ると言う事です。

あなたの会社に非効率・職人的技術はないでしょうか?
そう言った自分達にとって当たり前、古いと思われる技術に
打開策がある事はよくあります。
目新しい物を目指すのではなく
当たり前にある物をブラッシュアップし続ける事が
弱者の戦略といえるでしょう。

金属加工の会社が、その技術を使い
特殊なフライパンを作り直販する等

何事も最新の物、新しい技術が華やかに見えます
そんな戦場で戦ったら
資金力のある方が勝つに決まってます。

まず、まっさらな目で自分達を見つめなおす事が大切
何が得意なのか、何ができないのか。
従業員の家族を集めて討論する等もありだと思いますよ
制約のない素人の意見は時としてお宝になりますから

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

num********さん

2013/2/612:20:16

私もちょっとかじったくらいですが、ランチェスター戦略は要するに「大きな市場で10位になるより、小さな市場で1位になれ」ということですよね。例えば「○○材の家ならうちが一番」「○○市北部だったらどこよりも迅速に動ける」など、お客さんに認めてもらえる「一番」を持つということだと思います。(例がイマイチだと思いますが、建設業に疎いのでお許しください)

地域密着型の会社ということでしたら、全国的には無名でもその地域では一番お客さんを満足させている会社を目指せばよいのではないでしょうか?

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる