ここから本文です

保育園待機児童の問題

adv********さん

2013/2/1722:12:02

保育園待機児童の問題

現在、日本は少子高齢社会ですけど、それでもなぜ待機児童が多いのでしょうか?

多産だった昭和の時代はもっと深刻だったのでしょうか?

ちなみに、産婦人科医も少子化にもかかわらず足りないとは、昭和の時代は一体どれだけ足りなかったことでしょう、ということでしょうか?

閲覧数:
414
回答数:
4
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2013/2/2023:04:36

昭和のベビーブーム時代と今とでは価値観が全く変わってしまったという事実があります。
昔は3歳時未満の児童は母親が育てて当たり前だったのが、今は共働きやシングルマザーが「市民権」を得て保育所などに預けるのが当然の時代になってしまったので、少子化といえども待機児童問題が生まれているのです。
つまり、時代の流れで、昔は「母親のエゴ」と呼ばれたものが、今では「当然の権利」と変わってしまったのです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

るぅとさん

2013/2/1801:19:35

聞いた話によりますと、不景気の理由が強いようです。

保護者一人の収入で生活が難しくなったから子供を預けて共働きする人が増える=子供が保育園に通う

らしいです。
昭和時代を詳しくは知りませんが、共働きをしなくても大丈夫だった時期なのではないでしょうか?
もしくは核家族化していなかったとか。

産婦人科医が足りなのいのは新しくなる人が少ないのでは?
毎年同じくらいの人が同じ職種に就職するともかぎりませんし、以前産婦人科医が多かったら
就職倍率も高くなり、けんえんされていたということもあるかもしれないし
以前働いていた人が退職していたり逆に出産していたりするかもしれないですし

「たりませんよ」「待機がいますよ」なんて、そんな一言だけではハッキリと理由は見えてこないものですよ。

wit********さん

2013/2/1723:50:44

解答者へ訂正。

横浜市、林文子市長は09年少子化対策を解決したいとし、待機児童問題ゼロを公約として当選しました。
今年中に概ね待機児童0を達成する見込みですね。

2013/2/1723:31:32

待機児が多いのは都市部。一番多いのは横浜市です。人口が集中したので待機児が増えました。
地方へ行くと待機児がなしどころか園児が定員に満たない場所もあります。だから、そういう地方では閉園したり統合されている保育園もあります。待機児問題の原因は都市への人口集中にあります。

昭和の時代にも待機児問題はありました。だけど今ほど問題にならなかったって言うのが実態だと思います。最近は核家族化が進みおばあさんに見てもらうという機会が減ったので問題が顕在化してきたんじゃないでしょうか。
また、母親も共稼ぎや母子家庭でもないのに保育園に預けたいと考えて不正に入園させたりしているので保育園の需要が高まったのも原因です。

産婦人科医の問題に関しては以前は産婆と呼ばれる助産婦が多かったので足りていたんだと思います。今は万一に備えて病院で産みたい人が増えて産婦人科医が足りなくなりました。また、産婦人科医は医療過誤で訴えられやすいので成り手も少なくなっています。

昭和の時代より国民の権利の主張が強くなったので待機児や産婦人科の不足が問題化したんです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる