ここから本文です

抗がん剤のアドリアシンはなぜ赤い色をしているのですか?

yasuminagaragogoさん

2013/2/2122:35:35

抗がん剤のアドリアシンはなぜ赤い色をしているのですか?

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
4,734
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

編集あり2013/2/2209:26:49

??なぜ??
アドリアシンの有効成分はドキソルビシン(アドリアマイシンともいう。アドリアシンに入っているのは塩酸塩)で、ドキソルビシンは本来、赤色系の色をしているからです(乾燥時も溶解時も赤。なぜこの骨格の物質が赤いかという質問でしたら、芳香環の数と配置による偏光性のせいのでしょうが、そういうご質問ですか?)。
質問外ですが、ドキソルビシンは尿排出時も赤なので、血尿が出たかと驚かれる方がおられますね(ご存知かと思いますが)。

質問した人からのコメント

2013/2/23 00:33:57

どうもありがとうございました。私が見たことのある点滴用の抗がん剤は、アドリアシン以外は無色だったので、アドリアシンだけなぜ赤いのか、と単純に疑問に思っていました。
余談ですが、患者さんたちは、「赤い薬は見るだけでも嫌」などと言っています。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。