ここから本文です

木箱を作るときに上の天板は、目いっぱいの幅で接着するのと、縦板の間に入れて接...

wba********さん

2006/12/1223:58:23

木箱を作るときに上の天板は、目いっぱいの幅で接着するのと、縦板の間に入れて接着する方法がありますがどちらがよいのでしょうか?それぞれの長所・短所を教えてください。

閲覧数:
595
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

obi********さん

2006/12/1317:08:16

阻めいっぱいかチョット出るくらいが常識です。
見栄えが良いのと天板にかかる荷重を即位他の上下方向に受けるので強度的に強い。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

fer********さん

2006/12/1301:40:53

背の低いもので、天板の上に何か置くことを前提にしているものは、天板優先です。
背の高いもので上に何か置くと簡単に取り出し出来ないようなものは側板優先です。

以上はあくまで一般論です。箱を組む時に、クランプなどで直角を出しながら締め付けて組みますが、側板優先の方が組みやすいです。
天板優先の方は意匠で遊べるし、側板との接合部(仕口と言います)が比較的簡単にできます。組むのは難しいです。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる