ここから本文です

自分はインフルにかかってしまいました。

tra********さん

2013/2/2513:27:45

自分はインフルにかかってしまいました。

インフルって結構しんどいですよ。
元気になりましたが、頭痛が少し。
頭痛がしたり鼻水が出たりといろいろ。
で今日病院に行ってきました。
そこで、本題、吸引の薬(名前は覚えていない)って本当に効くのでしょうか?
それと、その薬は、最終的には、どこに行くのでしょうか?

閲覧数:
278
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

eri********さん

2013/2/2515:43:12

吸入薬ならリレンザかイナビルかどちらかでしょう。
どちらも、というかタミフルも、ノイラミダーゼ阻害薬
の薬効薬理は同じです。

リレンザは、インフルエンザウイルス表面に存在する
酵素ノイラミニダーゼの選択的な阻害薬であり、A型
インフルエンザウイルスで知られている全てのサブ
タイプのノイラミニダーゼ及びB型インフルエンザウイルス
のノイラミニダーゼを阻害する。ウイルスノイラミニダーゼ
は新しく産生されたウイルスが感染細胞から遊離するのに
必要であり、さらに、ウイルスが粘膜を通って気道の上皮
細胞に接近するのにも必要である可能性がある。
リレンザは細胞外から作用し、この酵素を阻害することで
気道の上皮細胞から感染性のインフルエンザウイルスが
遊離するのを阻害し、A型及びB型インフルエンザウイルス
の感染の拡大を阻止すると考えられる。

イナビルはプロドラッグであり、加水分解により活性代謝物
ラニナミビルに変換された後、抗ウイルス作用を示す。
イナビルの活性代謝物ラニナミビルは、A型及びB型インフル
エンザウイルスのノイラミニダーゼを選択的に阻害し、新しく
形成されたウイルスの感染細胞からの遊離を阻害することに
より、ウイルスの増殖を抑制する。

リレンザの代謝・排泄:
国内及び海外の健康成人に10mgを単回吸入投与したとき、
投与後24時間までの未変化体の尿中排泄率は国内で投与量
の9.63%、海外で7.08%であった。また、経口投与時の絶対的
生物学的利用率(消化管からの吸収)は2%であり、残りは糞中
に排泄されるものと考えられる。
なお、健康成人に50mg~600mgを単回静脈内投与した場合、
投与後24時間までの未変化体の尿中排泄率は投与量の約85
~95%で、ほとんど代謝を受けず、主に腎を介して尿中に排
泄された。

イナビルは、吸入投与後、気管及び肺において加水分解により
活性代謝物ラニナミビルに変換されると推測される。
国内において健康成人男性8例に本剤(ラニナミビルオクタン酸
エステルとして40mg)を単回吸入投与したとき、活性代謝物
ラニナミビルの投与144時間後までの累積尿中排泄率は投与量の
23.1%であった。

吸入薬ならリレンザかイナビルかどちらかでしょう。
どちらも、というかタミフルも、ノイラミダーゼ阻害薬...

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる