ここから本文です

南京という映画が米国で上映されるということですが、中国、韓国の方達は謝罪をき...

den********さん

2006/12/1913:29:03

南京という映画が米国で上映されるということですが、中国、韓国の方達は謝罪をきちんとしろと
今に至るまで叫んでいますが日本人として自分自身当時の日本が戦争を起こしてしまったことは悪かったと思ってます。悪いことをしたと思ってる人は少なからず多いと思います。それが彼らには伝わっていないんだと思いますが、一体どうしたらいいかげんに許してくれるんでしょうか?

閲覧数:
3,664
回答数:
14
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

imo********さん

編集あり2006/12/2006:44:34

 南京という映画が上映されるからといって、別に日本人に「謝れ」と言っている訳ではないので、まずそこの認識を改めたらいかがですか。

日本でも、歴史ドラマや小説で元寇を取り上げることがありますが、別にモンゴルや中国に謝れという意図はないでしょう。歴史上の大事件を語り伝えるのはどこの国でもしていることで、それをいちいち気にしていても仕方ありません。

 貴方は事件の当事者でないので必要以上に罪悪感を持つ必要はありません。ただ事実については事実として忘れないようにすれば良いだけです。

 今までの日本人の対応は、必要以上に謝罪を繰り返す左派と、事件そのものを否定する右派に分かれて、迷走していました。特に後者の立場では、軍服を脱いだ逃亡兵をゲリラ兵とみなし、ゲリラ兵はいくら殺害しても国際法上は合法だから虐殺事件はなかったという人もいるようです。

 私の感覚では、なにもそこまで頑張らなくてもなぁ、と思います。仮に日本人とか中国人とかいうところを伏せて、この人の意見を第三国の人に聞かせたら、どうでしょう。逃亡兵=ゲリラ兵という理屈を誰も受け入れないと思います。ゲリラ戦法を取る相手が悪いというのが日本側の言い分ですが、「よその国を侵略しておいて『正々堂々と戦え』とは何事か」と中国側も言うでしょうし、結局どっちもどっちです。

 妙な言い方ですが、日本人は左派にしても右派にしても罪悪感が強すぎです。例えばイギリス人やフランス人に「お前の国は過去にこんな侵略をした」と批判をしても、おそらく「それは私個人の責任ではない」というだけです。

 特に過去を正当化しようと頑張る人は、日本という国に愛着が強すぎて国家が不正な行為をしたなどと考えるのは堪えられないという過敏なタイプが多い。しかし、頑張れば頑張るほど国際社会から批判を浴び、触れられたくない傷口に何度も触れられることになります。普通ならば国家として一度謝罪し、あとは何もしなければ、もうとっくに決着のついているはずです。

 謝れと言われてないのに謝る必要はないし、まして、客観的に無理な理屈をつけて過去の侵略戦争を肯定する必要もない。過剰反応はしない、というのが私達にできることです。

質問した人からのコメント

2006/12/20 09:44:25

回答ありがとうございました。確かに罪悪感がありました。いけませんね。世界において日本だけがきちんと謝罪しているということ日本人だからといって個人が責任を感じる必要はないんだということ、また来年も騒ぐであろうが過剰反応はいけないということ。南京70周年ということも知りました。また戦争しましょうか?と回答にありましたが、そのような考えは賢い考えではありません。日本はこれからも平和を維持していきましょう。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/13件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

lni********さん

2006/12/1922:18:37

何に対して、謝罪や反省をするのでしょうか?

罪の無い一般人を殺害したことでしょうか? テロリストを逮捕殺害したことでしょうか? 中国、韓国の方達が怒っているからでしょうか?

謝罪や反省は必要と私も思いますが、
何が悪かったのか、日本と中韓での違いから、摩擦が起きている気がします

sta********さん

2006/12/1921:05:24

いい加減に「根拠の無い謝罪」を日本人はやめなければいけません。

当時の中国に対する日本の統治ですがあの時代は強国の植民地獲得は
至る所で起こっており尚且つ国際法で合法であったのです。
そして植民地を有していた列強国はどこの国も一切植民地に対して
謝罪すらしていません。逆に金銭を要求するのが一般的です。
つまり日本が中国に対して謝罪する義務など無いのです。

ちなみに日本の満州統治の前に中国を過酷な植民地にしていたイギリスに対しては
中国は一切の謝罪を求めていません。筋が通りませんよね。

nem********さん

2006/12/1920:44:12

政府が反論しているのですから国民だってこういうこと言うのはあたりまえです。
伝わる、伝わらないの問題じゃなくなってしまっています。政府がこういう体制なのですから。

絶対に虐殺があった、いや絶対に日本はやっていない。
はたして絶対にということは言えるでしょうか。

死んだひいじいさんが言っていましたが当時南京ではゲリラ戦(一般市民と同じような格好をしていて不意を付いて攻撃してくるもので、ベトナム戦争時もアメリカ軍はこれに悩まされていたそうです)が展開されていたそうです。

戦友が女の子に爆弾の入った包みを握らされて死んだという話もどこかで聞きました。
きっと異常な戦いだったのでしょう。
見た目は無害な農民が兵士を襲い、兵士は敵なのかただの無害な民なのか全く判別はつかなかったと思います。
殺さなければ自分が殺されるという極限状態で・・・それがただの農民だったとしても殺さなければ自分が死ぬのですから、確かに無差別な殺害というのはありえると思います。
しかし、中国側の死者数というのには大きな疑問が残ります。(これはいろいろなサイトを見てもらえばわかるかと思います。)

戦争という異常な状況で人権などを叫ぶのは無理というものです。

僕自身、虐殺が無かったとは考えていません。
しかし、日本はこんなにヒトを殺して悪いことをした。と、ただ小学生のように鵜呑みにするのは間違いです。
戦争という背景を理解してから解釈することをお勧めします。

gen********さん

2006/12/1920:06:06

来年は南京事件70周年を迎えます。

先日も北京での外相会談で李外相が麻生外相に「来年は敏感な年だから」と、暗に靖国参拝等日本側の出方にプレシャーをかけました。

来年中国は、内外で政治ショーを推し進める予定です。映画化もその一環と考えればわかりやすいでしょう。

仮に米国が中国の文化大革命や天安門事件を映画化し、数千万人とも言われる人民が○されたことを伝えようとした場合、中国政府はどう出るでしょう。

恐らく様々な圧力をあらゆる手段を使って行なってくることでしょう。

中国政府は、日本の首相によるいわゆるA級戦犯を合祀した靖国神社参拝を、中国人民の心を傷つけるものとして内政干渉してまで猛反対しています。

それでは2年後の北京オリンピックでマラソンコースとして天安門事件で多くの学生・人民が血塗られたまさにその場である天安門をわざわざ含めて設定したことは、中国人の心を傷つけるものではないのでしょうか。

歴史から削除されているので国内的には問題ないとでも思っているのでしょうか。しかし当時の戦車が人民に発砲する映像は世界に配信されて世界の人達は忘れてはいないでしょう。

一方的に歴史を政治に利用することの危険を、そろそろ中国政府も悟っても良い頃ではないでしょうか。

ers********さん

2006/12/1918:53:31

南京大虐殺は朝日新聞の本田記者が書いた小説です。http://www.youtube.com/watch?v=EoAmItpLGuE
だいたい中国とは日華基本条約で補償も済ませていて過去の事も水に流しています。
許してもらうという気持ちなんか持ってはいけません。
恥じるのは中国です。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる