ここから本文です

なめてしまったイモネジ

sin********さん

2013/3/220:03:23

なめてしまったイモネジ

エレキベース(楽器)のノブ部分についているイモネジが完全になめきってしまい

まったくとれず、ドリルで削るという手段でやってみたのですが、1.5mmのイモネジなのですが、削っても削ってもなかな取れず

後戻りできないくらい見た目で汚くなってしまい、意地でも取りたいのですが、ほかにどのような手段がありますか?

楽器についているものなのでドリルで削る以外手段が無いような気がします・・・。

削る前に接着剤なども試したのですが、ダメでした。

やはり最後まで削るしかないのでしょうか・・・

なにか助言が在ればよろしくお願いします。

閲覧数:
850
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

t_c********さん

2013/3/222:01:56

そこまでしてしまったら、ドリルで削るしか無いでしょう。後戻り出来ませね。
そもそも、ドリルで削るのは間違っています。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

s_a********さん

2013/3/317:47:26

最初の回答者さま・・厳しい回答のようですが、おっしゃる通りだと私も思います。 これ以上無理をすると、エレキに傷を入れてしまうぞ! と考えての事でしょう 費用は掛かりますが、楽器店に持ち込んで依頼したほうが良さそうです。 もう、打つ手はありませんが、最初にやっておくべきだった・・処置方法を書いておきます

そのイモネジを別に“ホーローネジ”と呼びます。 錆びて取れにくくなるサイズや位置ではステンレスホーローに交換しておくか、薄く油引きして置きます。 私はカッパ-グリスといって銅系のグリスを使用しています。

さて、ご質問の意地でも取りたい! これは、楽器を傷つけてしまう可能性が高く、結果的に専門家でも時間が掛かる処置、になる事を忘れないでください。 一般的にこれを外す工具は“六角レンチ”です別に“ヘキサゴンレンチ”と呼びます。 精度の悪い安価な物は使用するとネジを痛めます。 精度の良い工具専門店の正規品ですと安物の10倍近い価格ですが安心して使用できます。
この安価な工具のひとサイズ大きなレンチをヤスリで加工して、傷ついたホーロー六角にあわせて削り、叩きこむように打ち込んで回す事があります。 また、サイズが微妙な場合も有り、ちょっとグラグラする・・ネジ頭をなめそうな今回のような場合は、工具を取り換え無理に回して壊す事はしません。

適切なサイズである事、キチンとネジ頭底まで工具がセットされている事を確認し、コンコンと叩きこんでネジ山のサビを緩めてから緩めます。 サビの固着が酷く回せない場合は、加熱すると外しやすくなります。 今回のように素地が樹脂や木材、塗装面の場合は・・直接火をかけて炙れませんから、安物のレンチを赤くなるまで炙り、そのレンチを差したままでネジに熱を伝えてから緩める方法があります。 小さなホーローネジですから頭が痛んで居なければ、この方法でほぼ100%外せたと思います。

※また、痛めたネジに別材を溶接して抜く方法もありますが・・1.5mmネジではまず、不可能でしょう 修理をしていればこの様な潰れや折れたネジをよく外しますが・・このサイズでは溶接はできません
とにかくドリルの使用はヤメテおくべきでした。 このまま続けるとネジ山を痛めてしまい、外れても新しいネジが入らなくなります。

最初の回答者さまのご意見の通りです。 私もご自身では無理をされない事をお勧めします

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる