ここから本文です

出産育児一時金の「直接支払制度」と「受取代理制度」の違いを、何も知らない妊婦...

kur********さん

2013/3/320:06:58

出産育児一時金の「直接支払制度」と「受取代理制度」の違いを、何も知らない妊婦さんに一言で分かりやすく教えたいのですが・・・

どちらも42万円以内の出産なら本人は費用を負担しなくてもいい、という点では同じですよね。
受取代理は小規模病院向けで事前申請が必要、という理解はあるのですが、それを電話口で端的に伝えるのが難しくて困っています。

閲覧数:
11,456
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

muk********さん

2013/3/712:50:47

一言で分かりやすくいうと
「気にするような違いはない」となります。
あえて違いを指摘するなら
「受取代理制度のほうが申請する手間が少しだけ余計にかかる」だけです。

解説
手続きとしては事前に申請書を書くか、直接支払制度を利用する契約書にサインするかの違いしかありません。。
直接支払制度か支払代理制度かの違いで産院を選んでも仕方ないので、今何も知らない妊婦がこの違いを知る必要などありません。
まず産院を決め、その産院の示した制度に従えばよいのです。

「代理出産 費用」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

sui********さん

2013/3/323:20:59

>どちらも42万円以内の出産なら本人は費用を負担しなくてもいい、という点では同じですよね。

そうなんです、払う方の立場で言うとどちらでも同じなのです。
つまり問題はそれを受け取る方の医療機関にあるのです。
直接支払だと通常の診療請求と一緒になって請求から入金まで2ヶ月掛かりますが、受取代理だと通常の診療請求とは別なので1ヶ月以内に入金するのです。
ですから受取代理から直接支払いに制度が移行したときに、経済的な体力のある大病院はともかくそうでない小規模な病院の多くが制度の採用に二の足を踏んだのです。
そこでこの制度の恩恵に被れない利用者が多数出てきたので、受取代理も復活させて選択できるようにしたので

>受取代理は小規模病院向け

見たいになっていると言うことです。

ume********さん

2013/3/321:28:38

先に病院の窓口で自費で払い、後から一時金をもらうか、
病院でも支払いを差し引いて自費払いを少なくするか、
の違いだと思います。

後は病院側の申請ができる、できないの問題でしょうか?

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる