ここから本文です

訪問看護事業、訪問介護事業、同建物内で事業を行うにあたりメリット、デメリット...

nan********さん

2013/3/700:26:12

訪問看護事業、訪問介護事業、同建物内で事業を行うにあたりメリット、デメリットはありますか?
同じ営利法人です。24時間、365日対応です。
また定期巡回、随時対応型の事業とは別です。

あと、訪問看護、訪問介

護の事業所が別の場合でのメリット、デメリットがあれば教えていただけますでしょうか。

連携が取りやすいか取りにくいか、ぐらいしか思い浮かびません。

他に何かありましたら教えてください。

閲覧数:
768
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

dex********さん

2013/3/707:13:37

1番のメリットは、移動がない事です。移動が無ければ、交通事故のリスクは、減ります。
車もいりません。地図の作成、時間の有効活用、無駄な負担も減ります。
次のメリットとして、同じ建物なら、部屋の仕組みや形が同じなので、家毎考えないと行けない事が減ります。

また、緊急時に直ぐに伺える等もメリットです。

デメリットは、ナースコール対応や、連絡がなあなあになりがちぐらいです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる