ここから本文です

民事訴訟法(将来の給付の訴え) 第百三十五条 将来の給付を求める訴えは、あら...

qqr********さん

2013/3/1315:57:42

民事訴訟法(将来の給付の訴え)
第百三十五条 将来の給付を求める訴えは、あらかじめその請求をする必要がある場合に限り、提起することができる。
どの様に行えば良いのですか(只、・・・を行えだけで良いの)?

閲覧数:
1,669
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

dre********さん

2013/3/1316:31:56

将来給付の訴えは、訴訟物たる権利の履行期が未到来であったり、停止条件が成就していなかったりして、現在は請求できない場合に、履行期が到来したり停止条件が成就したときに履行をするよう判決主文で宣言してもらうためにします。

履行期が未到来の債権を将来給付の訴えで請求する場合の請求の趣旨は、「被告は、原告に対し、○年○月○日までに金○円を支払え との判決を求める」となります。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる