ここから本文です

税効果会計

rpx********さん

2006/12/3110:39:59

税効果会計

税効果会計について勉強しているのですが、以下の項目がよく分かりません。
簡単に説明していただけるとありがたいです。

テキストには
【税効果会計の目的は、法人税、住民税および事業税のように利益に関する金額を課税標準とする税金を課税所得の源泉となる取引または事象が発生した期間に計上すべき費用としてとらえ、費用である法人税等を発生した期間に計上することにより、当期純利益の適正化をはかり、財務諸表の期間比較性を高めることにある】
と信じられないくらいの団子長文があり、チンプンカンプンです。

よろしくお願いいたします。

『課税標準』についても、辞書で調べましたがイマイチ分かりません。

どうぞよろしくお願いいたします。

閲覧数:
1,676
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ghv********さん

2007/1/116:02:45

「法人税、住民税および事業税」略して法人税等は利益の額によって税額が決まります。

費用は一般に費用収益対応の原則により、一期間の売上に対応する費用が選ばれ計上されます。
(支払った費用のうち、翌期に属する分は繰り延べたりしますよね)

法人税等も一期間の収益に対応して発生し、額が変動するものですから、費用と同じように法人税等発生のあるべき期間帰属を調べ、その期間の利益と対応させて計上しようというのが質問の文章の意味です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる