「抱負」の語源

日本語13,970閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

6

6人がナイス!しています

その他の回答(1件)

0

未だ実現されていない夢(負)をなし遂げようと思う、=希望の状態になることを目指す(間=負をつめる)=夢(負)のここまでは今年中に近い付いておきたいと、方法も考えて決意する。 抱+負=火+水=男(凸)+凹(女)=子実宝が生まれるカミの計算。 抱=扌勹己、己→已→巳で、己は未完成で蛇で腹の虫で赤ん坊のことです。赤ん坊が天岩戸の外の月の闇夜に置かれたのが包の字です。で、これを見守って育てるのが神の手(扌)です。神の手とは人の精神(聖)のことです。ですから、抱く=肉体本能を精神で治める=男(戦う凸気)というのが原義です。 負=貝でク(苦)を背負う、貝=殻田=腹の虫=獣性、出来ない=NON=負け=尾生=ヲう=真をいなす=マイナス,  希=天の目に巾撃きナす、望=王として月(闇=腹の蝮)を亡くす。王=三(SON)がI愛を建てる 《秀思學》