ここから本文です

地震の震度は地震計がなかったり少ない時代には誰が決めていたのですか。

ite********さん

2013/3/2110:30:49

地震の震度は地震計がなかったり少ない時代には誰が決めていたのですか。

閲覧数:
409
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

gom********さん

2013/3/2111:53:09

おおよその感覚です。
静止している人が感じられるか感じられないかを1とし、多くの建物が倒壊する場合を7、中間は家具類の転倒で区分して、気象台の係員が決めていましたが、それでは耐震(免震や制震)化の向上とともに変化してしまいますし、個人差も出てきます。
ですから振動加速度等の数値で決める様にしました。

質問した人からのコメント

2013/3/22 09:50:25

お二人とも有難うございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

s20********さん

2013/3/2123:42:25

気象台や測候所の職員が体で感じたり被害の状況等から判断して決めていましたが
各地の測候所が自動化されて廃止が進むと同時に計測地震計の全国ネットワーク化がすすめられ現在は全ての市町村に最低一カ所計測地震計が設置されています
阪神大震災の時の初動の震度は神戸海洋気象台の観測機器が故障したため当直職員の体感震度6が報告されましたが
気象庁にはでーダが届かず大阪管区気象台経由の衛星通信で伝えられました洲本測候所の震度も同様に回線故障で届かなかったため無線連絡で大阪に伝えられました
北海道南西沖地震の際は奥尻島に地震計が無かったため震度のデータは残っていません
しかし気象庁の観測班による現地調査が行われていたら震度7になっていた物と言われています

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる