ここから本文です

精神障害者の雇用が義務付けられるようになりました。

ani********さん

2013/3/2115:03:37

精神障害者の雇用が義務付けられるようになりました。

今まで、身体障害者や知的障害者が対象になっていたのですが、
精神障害保健福祉手帳の交付を受けている方が、
社会復帰できやすいような背景にありますが、
この制度について、皆さんはどのように思われますか?

閲覧数:
1,198
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tar********さん

2013/3/2120:56:21

精神障害者という言葉があまりピンとこないですが、この障害の専門とする方と本人と企業が話し合って社会復帰の為に出来る範囲内での仕事をするのは良いことだと思います。
ただ、今の私の職場のことを考えると、只でさえみんながかなりの心の負担を抱えて仕事をしているのに、そこに精神障害者の方が入ってきて自分がその方をサポートして行けるかというと、出来ないと思います。只でさえ心が壊れそうなのに。。。そこまで心に余裕がないです。と言うのは以前このような下記のようなことがあったからです。
以前、鬱病だった方が派遣会社を介して入ってきた時がありました。本人は、社会復帰の為、まずは派遣を頑張るとお昼休みの時に言っていたのですが、仕事を間違えた時に同僚や顧客から注意されただけで、体調が悪くなり、次の日は会社を休んでしまいました。休んでしまうので、注意したくても注意できない。でも言わないと、と思って伝えたら次の日休んでしまう。全くキツく言っていないのに。。。出社しても声が細くて震えていました。そのようなことが月に何度もあり、結局最後の方は半月休んでいました。社会復帰をするはずが、逆に悪化してしまったようです。最後の日は、家族に付き添われて荷物だけを取りにきました。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意

プロフィール画像

カテゴリマスター

az_********さん

2013/3/2308:23:29

結構勘違いしている人が多いのですが、精神障害者の雇用義務化は、精神障害者を絶対に雇わなくてはいけなくなるというものではありません。現在でも、身体障害者と知的障害者の雇用義務は、どちらか一方しか雇用してなくても制度上は問題無いことになっています。
平成23年度の厚生労働省による障害者の就職紹介状況の調査では、障害別の新規求職者に対する就職率は、身体障害者36.9%、知的障害者51.6%、精神障害者38.6%であり、率としては既に精神障害者が身体障害者を上回っていて、就職件数では精神障害者が知的障害者を上回っています。
現行の雇用促進法は、身体障害者と知的障害者の雇用しか義務付けていないので、公務員や企業に義務付ける障害者の法定雇用率の算定は、身体障害者と知的障害者の人数を基に算定されていて精神障害者は考慮されていません。身体障害者と知的障害者の人数を基に算定された障害者枠の雇用を、精神障害者がかなりの割合で占めてしまっているため、法定雇用率算定の基礎に精神障害者も組み入れて引き上げるというのが精神障害者の雇用義務化です。

sen********さん

2013/3/2212:25:27

まあ、正式には今国会にての決議なので、
まだ確定はしてませんがね。
各企業からの猛烈な抵抗にあい、かなり尻すぼみ。

結局、18年の4月からの施行で、
更に当初5年間の法定雇用率は、
障害者全体の雇用状況や国の支援体制を考慮して判断する。
とあります。

機能するのはいつになるやら的な法案ですね。

これは予測ですが現在すでに勤めながら精神疾患を発症している人が、
企業に少なからず居ますね。
なので初めから、
精神疾患者として新規雇用と言うのはまず無いのでは無いでしょうか。

身体障害者や知的障害者がその企業に勤めながら発症するというケースは稀なので、
新規雇用となりますが、
精神疾患の場合、
すでに国が定めようとする精神疾患者の雇用率を上回るほど現存している気がします。

まあ、なんだかんだ言って施策よりも、
結局、精神疾患者が働ける環境をその企業が設けるかどうか。
この一点にかかっているように思いますね。

tak********さん

2013/3/2205:30:39

「精神障害者の雇用が義務付けられるようになりました」
2018年からで、まだ5年先ですね。
精神障害者を雇用している会社が障害者としてカウント出切るようになったのは、障害者自立支援法以降です。
今は精神障害者を採用すれば、国が定めている障害者の雇用率に換算できます。
でも、実際のところ、精神障害者を積極的に採用する企業が少ないので、今回の義務付けになった訳です。
しかし、精神障害者は仕事が長続きしないという特徴があります。
この点は雇用を義務付けしても変わらないでしょう。社会復帰の機会が増えるとは思えません。

akb********さん

2013/3/2117:34:10

精神障害者のふりをしてしゅうしょくする人が出てきそうな予感がする

jap********さん

2013/3/2117:25:34

今の時代、障害者を使う時代ではない、海外での人間を雇えば良いだけ、インドネシア1ヶ月給料3000円、精神障害者を積極的に働かせるには採用した企業の税金を免除させなければならない
そして働かなければ全く意味がない、

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる