ここから本文です

子供をスポ少に入れる時のきっかけは何ですか? 私は、スポ少で保護者兼指導者をや...

yu_********さん

2013/3/2617:08:26

子供をスポ少に入れる時のきっかけは何ですか?
私は、スポ少で保護者兼指導者をやっています。
現在の部員はとても多く、部員数を見ればとても活気のあるチームです。
ですが、5年ほど前は部員が入ってこなくて、

存続できるかどうかという状態だったようです。
その頃は、とにかく部員集めということで、「部費は安いし、練習も楽」という売り文句で勧誘していたそうです。
そのおかげかどうかは分かりませんが、今となっては男女合わせ4チームも作れるくらいの人数がいます。
人数が集まったのはいいのですが、「部費が安くて練習が楽」という理由で入団させた保護者と
子供のやる気重視で試合に勝つことに重点を置いている保護者との温度差がお互いの不満につながり、トラブルになっています。

今年度から、これまで安かった部費(年間5000円)を15000円にあげることになったのですが、納得いかない保護者がでてきました。
それに加え、年に2回ほどの隣県への遠征も活動内容に加える予定だったのですが、プラスで宿泊費(5000円ほど)を徴も収するかもという話をするとますます納得いかないということになってしまい・・・・。
指導者の意向を説明し、部費をあげることになった経緯も部長から説明しました。
納得のいかない保護者の意見は、「市内にチームがあるのに小学生のうちから、そんなにお金をかけて遠征をする必要があるのか」「こういう部になるなら、今度から勧誘できない」とか・・・。

私は保護者でありながら、指導者でもあるのですが、やはり考え方は指導者立場の考えになってしまいますが、
保護者の立場で思うことは、「指導者が必要と思う遠征は賛成で、その遠征に一緒に行けるようにできるだけ都合をつけ、
宿泊代はその遠征を家族旅行だと思って出す」です。
一緒に同じスポーツに熱く関われるのって、小学生までだと思ってます。
だから、一緒に感動したいのです。

指導者として、遠征に反対の保護者に対しては
「遠征イコール強くなるではないと思うが、集団で行動することで協調性に期待でき、違う場所へ団体で出向き県外のチームと対戦するということだけでも、子供たちにとってはとても刺激のあることです。そしてそれが中学生でもやりたいという思いにつながってほしいという意味がある。
遠征に行くことで、保護者の金銭的、時間的負担が増えるが、子供にとって決して無駄になるものではなくて、必ず得るものがあるし、子供が得たものは保護者の得たものでもあると思う。」
と話をしました。

長文になりましたが、どう思いますか?
何でもいいので、子供をスポーツ少年団に入れている保護者のかたの意見をお願いします。

閲覧数:
2,711
回答数:
8

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

アバター

ID非公開さん

2013/3/2620:36:38

都内で、サッカークラブの指導をしてます。

うちのクラブも、当初は子ども達が野球に取られてしまっていて、11人そろえるのも微妙な地域でした。
その時は、月2000円。コーチは、保護者意外は2人で、パパコーチは、4人くらいでした。
10年くらい経った現在では、学年によって違いますが、3チームか4チーム出来て、大会などはAチームBチームとで登録してます。
最初から、「サッカーの上達、チームプレイによる協調性」と言うことを念頭においてましたが、チームが、区大会などで勝ち残り、大きな大会に出るようになると、少し離れた地域からも、子ども達が集まり、もともと地元にいる子は、試合にすら出られない状態になってしまいました。

そこで、目標の異なるチームをもう一つ作り(公にしてませんが、指導者が選んだトレセンチーム)そちらは、月々の練習量も、出場する大会も、遠征や合宿の内容も違います。1学年上でエントリーする時もあるので、本当に上手な子だけです。
上手なお子さんは、親の姿勢も違います。
習い事の一つ・・・と言うよりは、サッカーに本気で人生を~と言うお宅が多いので、実際に元Jの指導者とかにも、指導を受けたり、セレクションにもチャレンジさせたり・・・と内容が違います。

最初は、色々ありましたが、少し下手な子も、試合に出られるようになったり、5年生になると、中学受験のためにサッカーをセイブする子もいるので、選べるようにしたら、解決した部分も多いです。

一緒に楽しみたい、たくさん関わりたい・・・と言う親もいれば、他にも兄弟がいるので、1人のお子さんに付き合いきれない、仕事や介護もしているので、出来るだけ親はノータッチで・・というお宅も少なくはありません。
色んなお考えのお宅がいて、当然ですので、親の関わり方で子どものサッカーへの参加が変わってしまってはならない・・・と、子ども主体で出来る方向を導くように、努力している感じです。

お当番も、出来る人は毎年毎年色々と協力してくださいますが、出来ない方は、会計やHP(広報)、洗濯、ユニ管理など、出来ることを出来る形で、お願いしてます。
でも、子ども達は、そんな親の姿を良く見て、良く分かってます。

学年によって、本当に差があります。
毎試合1人がDVDにとって、皆さんが買うようにシステム化されている学年もあれば、みんながそれぞれ撮っているので、撮るのに必死で歓声も微妙な学年もあります。
親の協力、親の努力の上に成り立つのが、小学校の集団スポーツだと思います。
入り口を変えれば、そういう覚悟で親も入り、協力をします。
残念ですが、そうでないお宅は、それなりにしか・・子どもが犠牲にならないよう、フォローしていきたいですね。

質問した人からのコメント

2013/3/27 16:03:13

感謝 回答してくださった方々、ありがとうございました。
コース分けも検討したこともあるのですが、やはり慎重になってしまい実施したことはありませんが、実際にスポ少でもコース分けしているチームがあることを知ることができてよかったです。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ata********さん

2013/3/2622:20:55

うちの地域のスポ少ですが、優先的に場所が確保出来て補助金で月謝が安いのが魅力的ですね。
スポ少は合気道をやってます。月1000円で伝統武道ができるなら、まったりでも文句ないです。遠征もないので出番もないです。
スポ少じゃない運動系もやってますが、まず4000円はとられます。
試合があれば個人負担で万単位になるのは当たり前です。それだけかけて一回戦で負けてとんぼ返りかもしれません。でも、みんな納得して用意してますよ。それだけの覚悟があってみなさん子供をサポートしてます。

それと、当然ですが強いチームは自然と人が集まりますね。
うちの地域のスポ少サッカーが県大会ベスト4まで出たとたん入団希望者が殺到したりで、まったり団体のはずが1軍2軍どころか3軍制になっちゃいました…。

子供をサポートするはずの親御さん同士で対立するのは、お子様にも影響が出そうで心が痛いですね。
うまく解決して子供達の為にはっきり道を示してあげられるようお祈りいたします。

tan********さん

2013/3/2621:38:35

きっかけは、子供がやりたいと言ったからと、親があまり出なくても良いからです。他にも子供がやりたいと言ったスポ少があったんですが、そちらは親の出番が多いので、私が無理なので。
最初はやはり人数が少なくて、でも勧誘のパンフレットに親の負担は他のスポ少に比べると少ないと、書いたり、大会での実績おあげたりで今は人数も多くなりました、そうなってくると古株の役員の中にはもっと遠征を増やそうとか、親の出番を多くしようみたいな意見も出てきたんですが、同じ役員の中でも反対と賛成で別れています(私も役員なんですが)

pic********さん

2013/3/2621:18:46

いろいろな意見があって当たり前です。

決まりごとがきちんと文書になってないから、問題が出ると思います。
入団時の約束の文書、今回の改定の文書、ありますか?

総会を開き、議論をした上で決定してほしいものです。
指導者中心となって決定した後の事後報告ではないですか?

入団するときの条件と違うことを言われて、納得行かないのが普通でしょ。
指導者は「強くなれば楽しくなるはず」みたいなことを思いがちですが、
そうじゃなくスポ少に入れている家庭も多いですよ。
そういう人を排除するようなスポ少なら、ほかでクラブチームでも作ればいいのに…
というのが本音です。

主力じゃない子の親の気持ちを考えたことありますか?

mat********さん

2013/3/2619:33:30

部費を値上げしたとしても、月1250円でしょう??

もう少し値上げしても良いんじゃないかと思うほどです。

指導者の方たちは忙しい仕事の合間を縫って、休み返上で

指導してくれているのに、よくそんなことが言えるなぁと思います。

うちの子供のスポ小も3年から合宿、

5,6年になると遠征があります。

いつも以上に練習はハードになりますが、その練習に耐え、

声を掛け合いながら必死に食らいついていく姿は涙が出るほどです。

この遠征や合宿を終えた後の子供たちは、やはり精神的にたくましくなり、

明らかにチームワークも良くなっています。

確かに費用は痛いです。でもお金には変えられない、それ以上のものが

得られているのは確かです。

値上げにしても、遠征にしても、理不尽なことを言っているわけでもないのに、

声を上げれば何とかなると思っているような保護者たちは

遠慮なくやめてもらえば良いと思います。

yon********さん

2013/3/2618:15:52

長男の卓球が週1(土曜日午後から5時間)で月5千円、二男が柔道で週3回(のべ8時間)月7500円でした。(いずれも遠征費、合宿費別)
どの程度の活動かは存じませんが、破格な料金ですね。

保護者の立場としたら、3倍はキツいでしょう。「安さ」がウリだけに離れるのは仕方ありません。

料金改定も全体一律にせずに、分けてみてはどうでしょうか?「安い基礎コース」と「高いエリートコース」といった具合に。

それにより、子ども、保護者、指導者の立場や考え方がハッキリし、行動しやすいと思います。

真剣に競技に取り組む者(子ども、保護者、指導者)にはチームが組めず、やりづらいかもしれませんが、
そういう環境であるからこそ、指導や選手のレベルアップも臨めるし、段々理解して追随する保護者や子どもも現れてくることでしょう。

私としては、遠征よりもレクリエーションや親睦活動として、近隣での合宿キャンプ(学校などで)がのぞましい。

こちらから出向くなら近隣や中学校など。データ収集のため。
地域で優勝すれば、否応なく遠征します。それを目指して励むべきと思っております。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる