ここから本文です

右直事故の過失割合について納得できない部分がいくつかあるのでお知恵を貸してく...

e16********さん

2013/3/2721:54:39

右直事故の過失割合について納得できない部分がいくつかあるのでお知恵を貸してください。

先日、私がバイクで右折、相手方はタクシーで直進。互いに青信号で黄信号などの要素は一切ありません。
事故直後に保険屋の方に連絡を取り、本日確認などの電話があり、判例としての過失割合などを教えてもらいました。
割合は、8(私):2(相手)が判例で、これから先交渉していくうえで有利になるような材料があればこの割合は変わっていく可能性があるとのことですが、判例と言えど少し気になったので自分で調べてみたところほとんどのところでは7:3が通常であると書かれていました。

この過失割合に影響がある要素で、今回の事故で関わりそうなものが、
(相手方の)前方不注意、見通しが良い場所であったこと、ぶつかった相手が(つまり私が)二輪車であったことが、相手の過失割合への加算要素であるということがわかりました。

他の状況要素としては、
・私は友人の先導にしたがって友人後方を走行しており、友人とは必要十分な車間距離を保ったまま続いて右折したところ、友人が通過した時点では停車していた車が、私が通過しようとした時点で直進を開始、衝突した。
・タクシーの方は、客待ちのための列の中腹ほどに停車していた状況で、信号が青になったから交差点先の列に続こうとした。(普通の走行状況とは異なる?)
・私が左側面をぶつけられ左足靭帯損傷、相手方は前方がぶつかり、フロントバンパーの破損のみで無傷。

以上が、当事者ではありますができるだけ客観的に考えて思い浮かべられる過失割合に影響しそうな要素です。


以下に簡単にまとめてみます。
①相手方の前方不注意ではなかったか
②私は二輪車に乗っており、四輪と比べて交通弱者である
③相手方は特に速度を出していたりした状況ではなかったこと
④二輪、四輪の衝突部位は影響するのか

現時点で一番気になっていることは④であり、側面対前面で衝突したときに、前面で衝突したときは不利、側面で当たれば有利など、そういった影響はあるのでしょうか。

上記①~④を踏まえた上で知恵をお借りしたい次第です。
この材料で過失割合を8:2から7:3、もしくは6:4まで変える事は可能でしょうか?

私自身いまだに混乱しており、読みづらい文章かと思いますがどうか御助力をお願いいたします。

補足素早い返答ありがとうございます。現時点での回答者様への返事を書かせていただきます。

oasis19780106様
私にも不注意があったことは承知しており、その他要因を加味し、割合が5:5にならず私に多くかかることは理解の上での質問でした。8:2が判例だと連絡をいただいたのは、私が加入している保険会社からとなります。相手方保険会社は、私の加入会社と交渉中だそうです。

pus472様
私が加入している保険会社は、損保ジャパンです。

閲覧数:
983
回答数:
5
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

oas********さん

2013/3/2722:40:20

怪我をしていれば7:3の過失割合が妥当かと思われます。
粘り強く交渉しましょう。
6:4は厳しいです。
自分の保険会社にも相談しましょう。
8:2と申しているのは相手保険会社ですよね???
8:2は車同士の過失割合かと思いますので。

相手方が優先になりますのでよほどの不法行為がない限り前方不注意にはならないでしょう。
質問者さんの直進妨害が妥当です。
友人のあとを追ったとかではなくあなた自身が確認をしなければならないです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

dej********さん

2013/3/2817:18:23

保険会社の過失割合ですが、一般的に考えるより、思うようにはいきません。

保険会社の違いも関係ありません。対応する担当者次第。

過失は、保険会社同士が権限を持って決めることではないので、お互い加入者同士がどこまで譲り合えるかで決まります。

打倒が5:5であるような事故であっても、加害者が非を認めなければ一向に進まないか、過失が被害者側が多くなることも多々。

保険を使用して支払いされるのであれば、まかせておくのが一番楽です。

いくら過失がかさもうが、支払いは保険会社。保険を使う時点で、等級ダウンで翌年の保険料はいずれにせよUP。

タクシー、加害者であっても100%被害者主張してきます。

有ることないこと言うのも平気。

保険会社へ任せ、悩まず早期解決されることが一番スマートです。

tan********さん

2013/3/2808:34:28

①相手側の前方不注意があったとしても、それを含めての過失20%(相手側の主張)です。

②バイクは運転面恭賀必要な乗り物です。
バイクが交通弱者と思うのはどうかと思うけど(個人的な意見です)

③相手側に速度超過がなければ、過失の修正要素になりません。

④接触個所で過失割合が変わるものではありません。
ほんの僅かな時間で接触個所は変わります。
相手が時速36km(計算が楽な数値で)で走行していたのなら、秒速10mです。
あなたが、0.1秒遅く交差点に侵入していたら、相手の側面に接触しています。
一番気になっていると言いますが、4つのうち一番気にする必要が無いことです。
(事故が起きた事実があるから・・・)


保険は加入者を守るもの
過失割合の件を含め、あなたの加入している任意保険の保険会社に相談して下さい。
充実した保険内容なら、過失割合の10%の変動など気にする必要が無いことです。

編集あり2013/3/2800:26:01

事故のお見舞いを申し上げます。

詳しくは下記をご参照下さい。
http://kashitsu.e-advice.net/car-aut/127.html

基本過失割合は70:30ですが、バイクの直近右折で過失修正され、80:20となっているのではと思われます。

タクシーならドライブレコーダを付けていると思われるので、直近右折を証明する画像があるのかもしれません。
※事故当時の画像があれば明確な証拠となるので、覆す事はほぼ不可能です。

>友人とは必要十分な車間距離を保ったまま続いて右折したところ、友人が通過した時点では停車していた車が、私が通過しようとした時点で直進を開始、衝突した。

上記の文章から友人さんが右折した後、質問者さんが右折するまでには数秒は掛かっているので、質問者さん自身が右折前に対向車の確認を怠った為、事故になったと推測します。

納得し難いかもしれませんが、80:20は妥当な過失割合だと思います。

pus********さん

編集あり2013/3/2818:57:53

まず、
>事故直後に保険屋の方に連絡を取り
の“保険屋”とは、どちらの側の保険屋さんなのですか?

【補足】について
. も う 一 度 確 認 な の で す が 、
『あなたの側の』保険屋さんが、数度相手と連絡を取り合った上で伝えてきた過失割合が、
あなた:相手=80:20 、だったのですね?

であれば、
他の方がご紹介の基本過失割合70:30 に、あなたの方に 悪 い 修正要素が加わって80:20 なのだと存じます。

. 正 直 、過失割合でさえ、言ってしまえば『数字の遊び』なのですから、
衝突部位がどうこうのとか前方不注意があるのではないかとか、

. 細 か い 事

は実はどうでも良くて、相手(=タクシー会社)が請求してくる補償金…修理代(衝突部位全取替えで周辺部全塗装)+休業補償やら言い出して30万円を超える金額…が賄えるかどうかの方が 問 題 です。

幸い、任意保険にご加入なのですから、
また別の方がおっしゃる様に、損保ジャパンさんに 丸 投 げ して、粛々と 事 務 的 に終わらせるべきなのではないですか?

※残念ながら、ご自身のバイクの方の修理代は、相手からは賄えません。
(ご自身の側の保険でカヴァーしておれば別です)
『ご自身の方が悪い事故』なのですから、その点良くご反省ください。
(命があっただけも良かった、とお考えになるべきでは?)

もちろん、
損保ジャパンの担当者さんに「70:30 じゃねぇとぜってー示談しねぇ!いや60:40 だ!!」と言い放って、
後は 放 置 する事も出来ますが、そんな事はなさらないでください...

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる