ここから本文です

リーバイス501(ビンテージ)

only_tigersjpさん

2007/1/1218:49:00

リーバイス501(ビンテージ)

リーバイス501の年代の判断の仕方を教えてください。
いつ(ステッチの色が変わった、スモールeになった、収縮率が8から10に変わった)などなども教えてください。お願いします!

閲覧数:
14,247
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nkkvp5puさん

2007/1/1402:05:30

知っている範囲で書かせていただきます。
とりあえず「初期型」は省略しますね。

。1900年初頭~
初めてバックポケットが「2つ」になったモデル。
以来、100年以上も続いているジーンズの基本的なスタイルは既にここから・・
ベルトループは無く、サスペンダーボタンとシンチバック付き。

。1920年~
上のモデルにベルトループが付く。
その他の部分はほぼ共通。
これらの2つのモデルはバックポケットの外側も「むき出しリベット」の仕様。

。1936年~
バックポケットの右側に初めて「赤タブ」が付いた記念的モデル。
サスペンダーボタンは無くなるがシンチバックは残る。
ポケットの「むき出しリベット」も無くなり「隠しリベット」になる。

。1942年~
「S501XX(大戦モデル)」
戦時中に限定された簡素化モデル。
股リベットも廃止、ペンキステッチ、シンチバック、コインポケットのリベットなども廃止される。

。1947年~
制約解除になり通常使用に戻る。
ステッチ、隠しリベット、赤タブ、革パッチなども復活。

*ちなみに40年代までの501は50年以降の物よりベルトループが若干「太い」です。

。1952年~
40年代後半の物とほぼ仕様は同じですが、唯一の判別点は「赤タブ」。
この年代からタブに「Ⓡマーク」が入ります。
更にLEVI`Sの文字が「両面」に入るようになります。

。1954年~
「紙パッチ」の登場。
501の文字の上に「EveryGarment~」(ギャランティー)が入っている。
何故か、ここからの数年だけ後ろのベルトループが「オフセット(ズレて)」で付いている。

*個人的には、この年代の物が1番好きで普段もよく穿いてます。

。1957年~
基本的な仕様は上の物と同じ。
紙パッチの「ギャラ」が無くなり、バックポケットの「隠しリベット」も無くなる。

。1963年~
「501-501」
通称「ダブルネーム」。
パッチの「XX」表記が無くなる。
今でもコレクターの間ではマニアックな一品とされる。
同年代でA、Sなどの「タイプ物」も存在する。
こちらも現在はタマ数は非常に少ない。

。1966年~
「66モデル」の登場。
リーバイスの「商標登録」がされた、という意味でも重要な年。
紙パッチの501の上に「care instruction~」の表記が入る。
フロントボタンの裏側に洗濯などの表示をした白いタグが付く。
「8%」という表記なら66モデル。
前期、後期2つのモデルが存在するが、前期はバックポケットの裏側が「シングルステッチ」、後期は「チェーンステッチ」。
このモデルから、赤タブのeが「スモールe」になる。

。1980年~
「赤ミミモデル」
66とさほど大きな違いはないですね。
洗濯表示のタグが「10%」になる。
このモデルにも前期、後期があり、前期はバックポケットの角が黒糸、後期モデルは金色の糸のバータックでカンヌキ止めされる。
1986年まで続いた「赤ミミ付き」の最終モデル。


まぁヴィンテージと呼べるのはこのくらいまででは?、という感覚です。
これ以降のモデルも色々細かい違いはありますが・・・キリがないので。

ある程度は目安になるとは思うので参考にしてみてください。

質問した人からのコメント

2007/1/14 07:13:27

成功 すばらしい回答、ありがとうございました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。