ここから本文です

アイレベルが二つ存在するというのはどういった状況でしょうか。

indianaahonesさん

2013/4/213:00:43

アイレベルが二つ存在するというのはどういった状況でしょうか。

パースについて勉強しているのですが、画面上にアイレベル以外の消失点、
つまり、もうひとつのアイレベルを持つ消失点というのは存在できるのでしょうか。

その場合、どういった状況が考えられるのでしょうか。

閲覧数:
1,132
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ikuo1918さん

2013/4/216:32:42

画面の上に一本のアイレベルを設定したとしましょう。この時、水平面に置いた直方体の消失点はすべてこのアイレベル上にきます。
いま、水平面に対して例えば20°傾いた斜面があったとき、この斜面上に置いた立方体の消失点は前記のアイレベルとは別な直線上にきますが、この直線もアイレベルと呼べば、アイレベルが複数あることになります。そして、一枚の画面のなかに、水平に置いた直方体と斜面に置いた直方体を混在させる場合は、それぞれ別のアイレベルを使うことになります。
図は、屋上駐車場に上がる坂道と思って下さい。ビルを書くときはP1とP2の消失点を使いますが、坂道を書くときはP1とP3の消失点を使います。まは、この坂道上に置いた直方体の消失点は、P1、P3を含む直線上にきます。

画面の上に一本のアイレベルを設定したとしましょう。この時、水平面に置いた直方体の消失点はすべてこのアイレベル上にき...

質問した人からのコメント

2013/4/2 22:28:32

なるほど坂道!一点も二点も消失して行く「道」を表している・・・そう考えると納得できました!ありがとうございます

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

ozisan8888さん

2013/4/217:55:52

「アイレベル」は文字通り「目の高さ」です。
アイレベルに消失点があるのは
あくまでも、水平の面や線です。
水平でなければ無限の消失点がありえます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。