ここから本文です

預言者「ロト」についてのご説明をお願いいたします。 マリア

「マリア」さん

2013/4/409:39:07

預言者「ロト」についてのご説明をお願いいたします。



マリア

ロト,ゾアル,ぶどう酒,エホバ,大酒飲み,預言者,ソドム

閲覧数:
427
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

薔薇さん

編集あり2013/4/1100:12:51

【ロト】

【創世記19章】

「さて,かの二人のみ使いは夕方までにソドムに着いたが,ロトはソドムの門の中に座しているところであった。ふたりを見かけると,ロトは立ち上がってこれを迎え,地に顔を伏せて身をかがめた

そうしてこう言った。「さあ,どうか,我が主たち,僕の家にどうぞお寄りになって一泊され,足を洗っていらしてください。それから,早く起きて旅路を続けてゆかれるように是非なさってください」。すると彼らは言った,「いや,公共広場に泊まることにします」

しかし彼がしきりに促したため,その人々は彼のところに寄り,その家に入った。それで[ロト]は彼らのために宴を設け,無酵母パンを焼き,彼らは食べはじめた
彼らが横にならないうちに,その都市の男たち,すなわちソドムの男たちがその家を取り囲んだ。少年から年寄りまで,民のすべてがこぞって[やって来た]のである
そしてロトに向かって呼ばわり,こう言いつづけた。「今夜お前のところに来た男たちはどこにいるのか。我々がその者たちと交わり(不道徳な目的)を持てるように我々のところへ出してくれ(狂乱状態)」

ついにロトは彼らのところへ出て入口のところに行ったが,自分の後ろでその戸は閉じた(客であるみ使いたちを果敢に勇敢に守るためにロトは暴徒たちの前に進み出る信仰心に注目)
そうしてこう言った。「わたしの兄弟たち,どうか悪いことはしないでください

お願いです。いまわたしには,男と交わりを持ったことのない娘が二人います(ロトは人間の男性に変化した美しいみ使いたちを守ろうとして自分の処女の娘二人を暴徒に差し出そうとする 同性愛者には興味がないとわかっていたため)。どうかそれをあなた方のところに出させてください。そしてそのふたりに,あなた方の目に良いと思うことを行なってください。ただこの人たちにだけは何もしないでください。せっかくわたしの屋根の陰のもとに来たのですから」

すると彼らは言った,「向こうへ引き下がれ!」 そうしてさらにこう言った。「この独り者は外国人として住むためここにやって来たくせに,なんと裁き人になろうとしているのだ。さあ,あの者たちよりお前をひどい目に遭わせてやろう」。そして彼らはこの人,つまりロトに激しく押し迫り,戸を押し破ろうとして近づいて来た
そのため,かの人々は手を伸ばしてロトを自分たちのところへ,家の中に引き入れ,その戸を閉じた

一方では,家の入口のところにいた男たちを,その最も小なる者から最も大なる者まで打って盲目にならせた(戸が壊れてみ使いたちの福祉が危険な状態を懸念した神が愛するものたちへの憐れみ故の神の裁き)。そのため彼らは入口を見つけようとして疲れ果ててしまうのであった

その後その人々はロトに言った,「あなたにはほかにだれかがここにいますか(ロトの娘たちを娶ろうと婚約していた男性たちがいた)。婿や息子や娘,そして市内にいるあなたに属する者を皆この場所から連れ出しなさい!
わたしたちはこの場所を滅びに至らせようとしているのです。彼らについての叫びがエホバの前に大きくなったからです。そのためエホバはこの都市を滅びに至らせようとわたしたちを遣わされたのです」

それでロトは出て行って(すぐにみ使いの滅びの宣告を婿になる人たちに伝えに行く),自分の娘をめとることになっていた婿たちに語りかけ,しきりにこう言った。「立って,この場所から出なさい。エホバはこの都市を滅びに至らせようとしておられるからだ」。しかし,その婿たちの目に,彼は冗談を言っている者のように見えた(婚約者たちは神の言葉を軽んじた もう待つことができない神の裁きを侮る悲しい現実)

だが夜明けになると,み使いたちはロトをせき立てる(親のロトが娘を思う悲痛感はいかばかりでしょう)ようになって,こう言った。「立って,あなたの妻とここにいるあなたの二人の娘とを連れて出なさい! この都市のとがのゆえにあなたがぬぐい去られてはいけない(最終的には神を愛し神から愛される人を厳格に保護する力ある神)」

彼が手間どっていると(ロトの妻の不信仰な何かしらの支度や世への強い愛着が懸念),その人々は彼に対するエホバの同情(神から愛される人に対する神の愛着は半端×必ず有言実行)のゆえに彼の手とその妻の手またその二人の娘の手をつかみ(不完全な愚かな弱い人間の特徴をよく知る神は時には愛ゆえにこのような果敢な行動に出る),彼を連れ出して市の外に立たせた

そして彼らを町外れに連れ出すや,そのひとりはこう言うのであった。「自分の魂のために逃げよ。後ろを振り返ってはいけない(生きることができる最後まで神への従順は必要不可欠)。この地域のどこに立ち止まってもならない。ぬぐい去られることのないよう,あなたは山地に逃れよ!(すべて子供のような従順さが求められる)」

そのときロトはその人々に言った,「エホバ,どうかそのようにではなく!
お願いです。いまこの僕はあなたの目に恵みを得たために,あなたはご自分の愛ある親切を広げておられ,わたしの魂を生き長らえさせるためにそれを働かせてくださったのですが,しかしこの私は山地にまで逃れることができず(山地まで逃げることをおじけづいたロト),災いが間近に迫って死んでしまうかもしれないのです

お願いです。いま,この都市(ゾアル)はそこに逃げて行くのに近いところにあります。それは小さなことです。どうかそこに逃れさせてください(み使いに逃げる場所の変更を願い求める)―それは小さなことではないでしょうか。そうすれば,わたしの魂は生き長らえることでしょう(ロトは当初、み使いたちが述べた山地へ逃げることからロトの人間としての体力や限界を重んじゾアルの都市を滅ぼす計画であったがロトたちがそこに逃げることを願ったためゾアルを滅ぼさないことに決める 神がお決めになった当初の計画をロトの希望を叶えて譲る 神の情状酌量の行為 神の思いやり)」

すると彼は言った,「では,そのことについてもわたしは確かにあなたに配慮を示して,あなたの話した都市は覆さないことにする(神の思いやり)
急いでそこへ逃れなさい! あなたがそこに着くまでわたしは何もなし得ないからである(約束を述べて安心させる神の深い思いやりある慈しみ深い言葉)」。そのようなわけで彼はその都市の名をゾアルと呼んだ

ロトがゾアルに着いたとき,日はすでにその地の上に出ていた

そのときエホバは,硫黄と火の雨をエホバのもとすなわち天からソドムとゴモラの上に降らせられた(西暦前1919年)
こうしてこれらの都市を,すなわちその地域の全域とそれらの都市のすべての住民またその地の植物を覆してゆかれた

だが,[ロト]の妻は彼の後ろで振り返るようになり,そのために塩の柱となった(神はロトの妻の心の傾向を見抜き、後ろをふりかえってはならないという最後の従順さを妻に求めていたのかもしれません とうとう神の憐れみも消え妻は神の目には不合格となる)
さて,アブラハムは自分がさきにエホバの前に立った場所へ朝早く出かけて行った(アブラハムのロトへの福祉への気遣い)
そしてソドムとゴモラ,またその地域のすべての土地を見下ろして様子を見た。すると,そこでは,かまどから出る濃い煙のような煙が地から立ち上っているのであった(すべて跡形もなく消失 現在考古学的にもソドムとゴモラの証拠なし)

こうして,神がその地域の諸都市を滅びに至らせたとき,神はアブラハムのことを思いに留めて(アブラハムのロトへの裁きからの逃れを真に思う心を尊重),ロトがそばに住んでいた諸都市を覆したさいその覆しの中からロトが出られるようにされたのである

後にロトはゾアルから上って行って山地に住む(結局、神の当初の目的地に移り住むロトの信仰心に着目)ようになったが,その二人の娘も一緒であった。彼はゾアルに住むことに恐れを持つようになったのである。そして彼,つまり彼とその二人の娘は洞くつに住むようになった

そののち長女が下の娘に言った,「わたしたちの父は年老いており,この土地には全地の習わしどおりにわたしたちと関係を持つ男の人もいません

さあ,父にぶどう酒を飲ませて(娘たちは父親がしらふでは交渉を持たないと知っていた)一緒に寝て,父によって子孫を保つようにしましょう」
こうしてその夜,彼女たちは父にしきりにぶどう酒を飲ませた。それから長女が入って行って父と寝たが,彼は[娘]がいつ寝ていつ起きたのかを知らなかった

そして,次の日のこと,長女が下の娘に言った,「ご覧なさい,わたしは昨夜父と寝ました。今夜もまたぶどう酒を飲ませましょう。それからあなたが入って行って,一緒に寝なさい。わたしたちは父によって子孫を保ちましょう」
こうしてその夜もまた彼女たちは父に幾度もぶどう酒を飲ませた。それから下の娘が起きて行って共に寝たが,彼は[娘]がいつ寝ていつ起きたかを知らなかった

そしてロトの娘たちは二人ともその父によって妊娠した
 やがて長女は男の子の母となり,その名をモアブ(と呼んだ。これがモアブの父であり,今日に至っている
下の娘もまた男の子を産んで,その名をベン・アミ(アンモン人の父祖)と呼んだ。これがアンモンの子らの父であり,今日に至っている」(創19:1~38)


【塩 比喩的な用法】
塩は人々の霊的な腐敗と道徳の退廃を防ぐ影響力
塩は腐敗を防いだので,安定性や永続性の象徴

共に塩を食べた「塩の契約」は互いの永遠の忠節と忠信を示した
「塩の契約」は強い拘束力を持った

結論
罪の生活をやめられない人、他の人々をつまずかせる原因を作る人は永遠の滅び
語る言葉は、平和を保ち、常に慈しみのあるもの,振る舞いや話し方は常に品位のある、思いやりに富み,健全で,他の人の命を保たせるのに役立つものであるべき

【ロト】

【創世記19章】...

質問した人からのコメント

2013/4/11 00:24:06

感謝 ロトの妻の滅びの原因

人は緊迫した時に心の傾向が出る

心から神を信頼せず物質に焦点
疑念や不安やためらいやみ使いの明白な指示を無視
み使いの介入も意に介さない

神への純粋な感謝を培う
将来の真の命から目を離さない
信仰を増し加える
信仰は神の目から保証書
人にために築き上げ役立たせる
従順

愛が一番?

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

薔薇さん

編集あり2013/4/1023:19:47

【補足追記】


【ロトと娘二人が裁きから逃れられた理由】

ロトは「義人」であったが何度も優柔不断ゆえに逃げる行為を言い逃れし、結局、最終的に手間取っている「ロト」の手をみ使いが引いた。それでも「心」をご覧になる神は「ロト」の心は神に真に向かう「義人」であると見抜いていた

因みに、その後、娘たちはロトと近親相姦をするが、自分たちの子孫を残すということは、当時、神の祝福が注がれないとして大変不明やことであった。重要な死活問題として関心があったことであって、利己心故の近親相姦とは全く別個のものと神は判断された。神は、表面的な見えることではなくその人の奥深い動機を見る方であることを知ると心安らぎます

神の目からは,ロトと娘たちが、ソドムとゴモラの「無法な人々の放縦でみだらな行ないに大いに苦しんで」おり,彼らの下劣な生き方に倣うことを拒んだ大いに勇気ある信仰心のある篤信のある人たちであった


【火】

《滅び》
滅びをもたらす最も徹底的な手段が火
イエスは邪悪な者の完全な滅びを表わすのにしばしば「火」を使用
ゲヘナ、つまり、永遠の滅びは、避けるようにというイエスの警告を無視するものは「とこしえの滅びという「火」で塩漬けされる」

将来、「今ある天と地は火のために蓄え置かれて(いる)」
永遠の滅びは不敬虔な人々と邪悪な事物の体制

《試みる,精錬する,清浄にする》

神の火(困難)のような試みは材料の質を明らか
義のために苦しむことを燃えることに例える
困難や試練を忠実な忍耐によって信仰心と永遠の命を獲得


《比喩的方法》

「火」,「燃える」,「燃え上がる」という考えを含む表現は,比喩的に「愛」),「情欲」,「怒り」,「裁き」,「強い感情」,と結び付ける。預言者エレミヤは神の言葉を話さないようにしようと思った時,それが不可能であることに気づいた。その言葉が自分の骨の中に閉じ込められた燃える火のようになったからです(エレ 20:9)。
神は、清く純粋で全き専心を要求される方であられるゆえに,ご自分に逆らう者たちを滅ぼし尽くされる「焼き尽くす火」と呼ばれている(申 4:24; 9:3)
神の熱情や激怒は火のように燃え,神の「舌」と言葉は火のようです(詩 79:5; 89:46; イザ 30:27; エレ 23:29)

《ヤコブ書》

ヤコブは誤用される時の舌を火になぞらえた(ヤコ3:5‐8)


【硫黄】

黄色い色をした非金属元素
遊離した状態で,あるいは他の元素と化合して硫化物や硫酸塩の形で存在
融点は極めて低く,113℃
容易に燃えて青白い炎を上げ,同時に刺激臭のする二酸化硫黄(亜硫酸ガス)を形成

硫黄についての歴史上最初の言及は,邪悪な都市ソドムとゴモラの上に滅びが火と硫黄の形をとって降り注いだことに関する(創 19:24 ルカ 17:29)
ある人々は地質学上の証拠に基づいて,大変災となった神からのこの刑の執行は死海南部における火山の噴火という形でなされたのかもしれず,今日その地域に硫黄が遍在しているのはそのためではなかろうか,と見解

西暦前1919年にソドムとゴモラの上に火による裁きが下されて以来,聖書には硫黄の非常に燃えやすい性質に注意を促す言葉が掲載(イザ 30:33 34:9 啓 9:17,18)
完全な荒廃の象徴(申29:22,23 ヨブ18:15)
全き滅びを描写している場合,「火と硫黄」が結び付けられる(詩11:6 エゼ38:22 啓14:9‐11)

悪魔は『火と硫黄との湖に投げ込まれる』と述べられており,これは完全な絶滅(「第二の死」)の適切な描写(啓19:20 20:10 21:8)


【酔い 酩酊】

アルコール飲料を飲み過ぎたために酔っている状態
大酒飲みとは,強い酒に過度にふけって酩酊する習慣のある人

《古代の聖書の酒類》

ぶどう酒,ざくろ酒,果実酒,穀物酒

《アルコール飲料》

ぶどう酒や他の強い酒を適度に飲むことは,「死すべき人間の心を歓ばせるぶどう酒」を備えられた神に受け入れられる事柄


《酩酊》

酩酊するまで強い酒を飲むことは,聖書の中で厳しく非

「災いに遭っているのはだれか。不安を抱いているのはだれか。口論をしているのはだれか。心配をしているのはだれか。理由もなく傷を負っているのはだれか。目の鈍くなっているのはだれか。それはぶどう酒と共に長い時を過ごす者,混ぜ合わせたぶどう酒を捜し出すために入って来る者たちではないか。ぶどう酒が赤色を呈し,杯の中できらめきを放ち[ぶどう酒がひどく魅惑的にきらめいて見え],なめらかに流れるとき[あまりにも楽々とのどを滑り下りるとき],これを見てはならない。それは終わりには蛇のようにかみ,まむしのように毒を分泌する[それは身体面の(例えば,肝硬変を引き起こす),あるいは精神面の(飲酒家譫妄を生じさせる)病気の原因となるばかりか,実際に命を奪うこともある]。あなたの目は奇妙なものを見[アルコールは脳の中枢に影響を及ぼし,それを抑制する; 普段は抑制されている態度が前面に出て来る; 幻覚が生じる; 記憶の空白部分を埋めるために,空想上の経験を非常にもっともらしく語る; 気ままな行動を表わす],あなたの心はゆがんだことを話す[普段は押さえられている考えや欲求が表われる]」。―箴 23:29‐33; ホセ 4:11; マタ 15:18,19

「そして,あなたは必ず,海の真ん中に横たわっている者[おぼれる人の錯乱状態を経験し,ついには無意識の状態に陥る人]のように,帆柱のてっぺんに横たわっている者のようになる[船の揺れはその部分が最も大きいので,大酒飲みの命は事故,発作,けんかなどで危険にさらされる]。『彼らはわたしを打ったが,わたしは病気にならなかった。彼らはわたしを殴ったが,わたしはそれに気がつかなかった[大酒飲みは,独り言のようにそう言う; 当人は実際に起きたことや,その経験によって身に招いた罰に対して無意識であった]。わたしはいつ目覚めることだろう。わたしはさらにそれをもう少し求めるであろう[当人は今,飲み過ぎの影響を眠りによって取り除かなければならないが,飲酒の奴隷になっているので,飲めるようになったらまた飲もうと,そのことを楽しみにしている]』」。そのような人は,酒に金をつぎ込み過ぎることにより,また信頼の置けない,仕事のできない人間になることにより,貧困に陥ってゆきます。―箴 23:20,21,34,35。

《敬虔なクリスチャン》

大酒飲み,ばか騒ぎ,荒々しく気ままな騒音,ばかげた行為は恥辱(箴20:1 詩107:27 イザ19:14)は「肉の業」の一つ
「酔酒,浮かれ騒ぎ」という習慣を清め,悔い改めて神の王国に入ることができる(コリⅠ6:9‐11)
過度の飲酒、飲みくらべに費やす時間をやめることを意味(ペテⅠ4:3)
神の「霊の実(神が望む人格者)」を生み出すことに専心(ガラ5:19‐24)

《ノアの酩酊》

ノアはぶどう園を設け,「ぶどう酒を飲みはじめてそれに酔い」ました
この出来事は,カナンに対するノアののろいが発せられるに至った経緯を示すために聖書に記録(創9:20‐27)

ロトの二人の娘は,二晩にわたってロトに多量のぶどう酒を与えて酔わせ,ロトと性関係を持った(創19:30‐38)
この記述は,モアブとアンモンの国民の起源や,彼らとイスラエルの関係を詳細に明らか。ロトは分別を働かせることができなくなるほど酔っていたが,酔いつぶれてはいなかった。性関係を持つことができないほど酔ってはいなかった。神の言葉が酩酊を非常に厳しくとがめている故,これらの義人たちが飲み過ぎる習慣に陥っていたわけでも,大酒飲みだったのでもないことを確信。これらの記述は聖書が率直であることの一例。聖書は登場人物に関する出来事を将来の人類、特に今の人類に啓発のために述べる。そのために真実を隠さない

《比喩的な酩酊》

霊的な意味での酔い
神との契約に入っていたにも関わらず,尊大な態度で,酔った状態で神の律法に違反し,神を非難(イザ28:1‐4)
ユダの祭司や指導者たちも比喩的な意味で酔っていた
宗教上の案内人であったが人間の伝統を付け加え,神の聖なる国民に関して偽りの事柄を話し観察した
神よりも人を重視。背教した結果、預言どおり、西暦前740年にアッシリアの滅び
ユダは西暦前607年に滅びを受けたりバビロンへ流刑(イザ51:17‐23)
バビロン(「シェシャクの王」)は神の民を苛酷に扱ったため,68年後に同じ杯(滅び)を飲みました(エレ25:15‐29)

象徴的な「大いなるバビロン(偽りの宗教すべて)」は聖書の中で,「嫌悪すべきものと彼女の淫行の汚れたものとで満ちた」黄金の杯を手にした,酔った売春婦として描写。当時、1世紀の地の住民は「偽りの宗教の淫行のぶどう酒」に酔わされていた(背教に染まる)

背教は,「聖なる者たちの血(滅びの影響力」と「イエスの証人たちの血(イエスの真実ではなく偽りを宣明)」にあたかも無意識のように酔って」いた
結果、偽りの宗教すべては「永遠の滅び」という結果を招久野が当然(啓17:1‐6 14:8 8:8)

【補足追記】


【ロトと娘二人が裁きから逃れられた理由】...

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる