ショックアブソーバーの交換時期について。 長く自動車を所有されている方、何万キロぐらいで交換してますか?

ショックアブソーバーの交換時期について。 長く自動車を所有されている方、何万キロぐらいで交換してますか?

ベストアンサー

2

何の違和感も無くて、ショックの交換も無駄金と思ってましたが、あるお客様が少しでも新車の乗り心地を取り戻したいと言うので、交換した所 驚いた事に新車と同じ乗り心地に戻り タイヤも減りが少なくなり編磨耗も無くなりましたわ…驚 7万キロの時の話しでした。

2人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

具体的な事例でとても参考になりました。

お礼日時:2013/4/8 20:43

その他の回答(7件)

0

マツダ車でモノチューブ仕様なので、4万キロで交換しました。 ヨーロッパ車の殆どと、日本車の一部はモノチューブで、動きがいい反面、耐久性はツインチューブには劣ります。

0

最初に購入した中古車の距離メーターが3、6万キロくらいでした。 ある時、ショックアブソーバーからオイル漏れを見つけ、バネと別構造だったので外して見ました。 4本とも外国製で無抵抗のスカスカでしたね。 メーター戻しの車だったのでしょうかね。 カヤバに代えて、さらに3.6万キロくらい走行で外して調べたら、まだまだ使える状態でした。 交換してから5万キロくらいでショックアブソーバーをまた交換しましたが、古いのは使える状態でも衰えは感じましたね。 今の車は新車時から4万キロくらいで左折時にかなり沈み込みました。 7万キロで交換したのですが、スカスカではないにしても動きがよくなかったです。 たまに元気に走るつもりなら5万キロまでに交換した方がよいと思いますよ。 町乗りが主で、たまにドライブ程度なら10万キロでも使えるでしょうね。

0

回答にはなっていませんが、昔こんな話を聞きました。 (ベストカーの記事で読んだのかも?) 欧州では、ショックアブソーバーを「消耗品」と考え、 車検毎とかで交換するとか。(現在は知りませんが。) それが、欧州車の質の高い乗り心地に繋がっていると。 一方、日本車は「乗り心地」よりも「耐久性」を重視しているため、 そうそう抜ける事も無いと言う事でした。(安い軽は抜けるかも。) 乗り心地と耐久性の両立は難しいと言う事でしょうね。 ちなみに自分のプレオは、現在13万キロでショックが スカり気味なので、近々低走行の中古品と交換します。

0

私の場合、E51系エルグランドの3500CCにかつて乗っていましたが、5万キロで、全車輪のショックを交換しました。別にショックが抜けたわけではないのですが、永く乗るつもりでいたので、交換しましたが、結局は、9万5千キロで、E52系に乗り換えるため、売却しましたが、中古業者は、喜んでいましたよ。なんせ、全車輪のディスクブレーキもその時に全部新品に交換しているので、ほとんど、減っていないからですよ。ディーラーもディスクキャリパーは、交換しなくても充分に乗れますよといっていましたが、面倒なので交換です。私の場合、安全性が、最優先ですから。

0

ハイエース30万キロですが1回も変えてないです 以外にもつものですね 抜けるとフワフワになってバウンドが収まらないようになるので直ぐに判るのですが全然そんな感じが無いです。