ここから本文です

プロパンガス会社変更に伴う点検時について

mea********さん

2013/4/711:01:54

プロパンガス会社変更に伴う点検時について

ウチのアパート、もうすぐガス会社変更になるんですけど

検針メーターはそのまま残してLPガスの種類だけ自社のものに取り替えるそうなんです。

で、その際に立会いを求められているんですが、工事が終わったら自分でお湯が出るかどうか確認は自分でできるから

業者が部屋の中に入る必要無いとおもうんですよね。

で、業者に聞いたら「ガス交換した後、空気が混じる…」とかなんとか言ってたんですがよく意味がわかりませんでした。

蛇口から空気がでるんでしょうか?

それともしばらくお湯が出が悪くなることを言っているのでしょうか?

補足給湯器の交換は無いです。

お風呂場と台所、両方から空気が完全に出切るまでお湯を出し続けないといけないのですか?

閲覧数:
2,656
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hum********さん

2013/4/812:59:00

家の中に入れたくなければ入れなくてもかまいません。
入らなくてはいけない決まりも有りません。

ただ、保安点検行ったりガス器具の確認等も行わなければならないために入りたがりますね。
保安点検は必ず行わなければなりませんが、家の中に入らなくても行えます。
配管が古かったりすると、点検用ガス栓が付いていない場合もありますが・・・。
関係ありません。家に入れないといけない理由にはなりません。
器具確認は必ずではないので、拒否もできますが、拒否する意味も有りませんが。
品番写真撮って渡しても構わないでしょう。
ゴムホース等で接続して有るなら、ホースの劣化の確認等もしてくれますが、ホースでのガス漏れ責任は使用者の責任ですから、ガス漏れ有っても供給者は関係ないから・・・。
気密検査で漏洩があった場合は、中に入れてあげないと漏れの最終確認が出来ず、ガス止められちゃうかも。(安全のためにという意味です)

ガス管に空気が入る件ですが、今回はボンベの交換だけみたいですのであまり心配いらないかと思います。
要は、ガス管の中に交換時空気が入ってしまい、ガスを使用した時配管の中にあるガスで火が付いても、空気が流れてきた時点で火が消えてしまい、生ガスが出てしまうことです。
何十年も前のカスコンロ等なら分かりませんが、今のタイプなら立ち消えの安全装置付いているはずなので、問題ないかと。

給湯器も交換後すぐにお風呂を貯め始めたとすると、水になってたなんてことが有るくらいです。水になったら、リモコンあればスイッチ入れなおし。なければ再出湯で問題なし。 以上をガス屋に文句言わなければ点火確認なんかしてもらう必要ありません。
はじめだけ(数分は確認したほうが安全)ガスが消えてないか注意すればいいだけです。

質問した人からのコメント

2013/4/8 13:20:31

成功 的確なご回答をありがとうございます。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

jyu********さん

2013/4/812:48:39

お邪魔します。

ガスの種類を変更するということは、都市ガス⇔プロパンガスということでしょうか?
その場合、おそらくメーターも変える事になると思いますが・・・

入居者の立会は必ず必要になります。入居者の方からしてみれば、「面倒だな・・・」とか「都合つけなくちゃ・・・」など色々と理由はあると思いますが、現在のガス会社の時に質問者様がその物件に入居した際に必ず点検作業行っている筈です。(していなければ違法です)今回、それと同じことを実施するという事になります。

点検票・14条の書面は必ず必要になります。それから代金の支払いも変更になる訳ですから、銀行印や点検票・14条の書面に押す印鑑などが必要になります。

他の方も書かれていますが、「空気が混じる・・・」というのは、メーターや給湯器、ボンベの所に設備してある調整器(または集合装置)の交換をした場合、一部配管を外すため配管内のガスが全てそこから出てなくなります。
新たにボンベなどを取り付けて先程の交換する物があれば、それを交換し新たにガスを流します。
新たにガスを流しますが末端(お客様のコンロ付近のガス栓)から通常にガスを使用する形で配管内の空気とガスを出します。

当然、空気とガスが混じった気体が出てきますが、それをしばらく続けていると徐々にガスの濃度が濃くなっていき、最終的には配管内がガスの成分だけになります。そうすれば安心してガスを利用することができます。

配管内にガスと空気が混じった状態でガス器具を使用すると、コンロであれば一旦火はつくが直ぐに消えてしまったりして不完全燃焼の原因となります。

ながなが書きましたが、ガスの供給会社が変わった場合は手続き上立会は必要になりますので仕方ないと思います。

jki********さん

編集あり2013/4/711:14:45

何のガス器具を使用しているか、調査表を書かなくてはいけませんし、
会社が変わると言うことは、支払い先も変わると言うことなので、
色々書かなくてはならないからでしょう。サイン、印鑑も必要かと。
あと、漏洩検査、保安検査もあると思います。
ガス交換した後、空気が混じると言うのは、配管内に空気が入るため、
器具付近のガスコックから空気抜きをしなくてはならないからかなと。
何にせよ、住人の方の立ち合いは必要です。

補足ですが、給湯器などの交換はないのですか?
もしあるのなら、給水、給湯管に空気が入り、知らずに出すと勢いよく空気と水が出て驚くと思うので、
宅内の蛇口から空気抜きが必要です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる