ここから本文です

階段みたいなコブ斜面で、ズルズルダン!ズルズルダン!と、コブの腹でズラして、...

cca********さん

2013/4/1513:03:30

階段みたいなコブ斜面で、ズルズルダン!ズルズルダン!と、コブの腹でズラして、溝で止まるというか、反動をもい次のターンに繋げる滑り方が上手くなっても、1級検定は、合格無理でしょうか?

1級の滑り方は、別モノですか?
教えてください。

また、ズルズルダン!は、モーグルの滑り方なのでしょうか?

閲覧数:
1,516
回答数:
3
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

アバター

ID非公開さん

2013/4/1621:15:43

コブに合った滑り方があります。
だから特定の滑り方ではなく、色んな滑り方を覚える必要があります。
結論を言うと滑り方ではなく、1級は一定のスピードでコントロールして滑れれば合格出来ると思いますよ。

僕は基礎スキーヤーもモーグルの技術が必要だと勝手に思っていますがそれは上級者の話です。
ただ、1級まではモーグルは別物と考えて除外しても良いんじゃないでしょうか。
まずはどんなコブでもゆっくり滑る技術を身に着けてください。

質問した人からのコメント

2013/4/18 02:45:01

降参 どんなコブ斜面でもゆっくり滑る。
なるほど。目指します。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

jij********さん

2013/4/1519:57:25

階段みたいなコブとは横長で腹が抉れて切り立った崖のようなコブのことでしょうか?もしそうならズルズルダン!ズルズルダン!で1級合格します。実は、私がイントラをやっている1級検定のコブ斜がそのような斜度30度のバーンですが、ズルズルダン!ズルズルダン!で合格しています。と言うか当スクールの1級の合否は、このコブ斜面で決まります。ズルズルダン!ズルズルダン!でも滑りが途切れることなく降りれれば合格と言っても過言ではありません。なにしろ切り立った腹が高いのは人の背丈くらいあるのですから・・・。スノーボーダーが多く滑るような急斜面にできやすいコブです。昔はあまりありませんでした。
モーグルの滑り方は違います。モーグルはコブの溝を直線的に滑ります。あまりズラスこともしません。従って、モーグル滑りが出来るのは溝が直線的に途切れなく続いているようなコブです。モーグルコブなどとも呼びます。
つまり、1級検定のコブの滑りと言っても検定バーンのコブの状況により求められる滑りが違います。半球コブが連続しているような状況ですとズルズルダン!ズルズルダン!では合格しません。バンク滑りといって溝の外側をなるべくズラさないで滑ることが求められます。

fuw********さん

2013/4/1514:43:43

ライン取りから言ったら、ズルズルドンはモーグル的かもしれないですね。

ただ、ズルズルドンからモーグル的には、かなり洗練させなきゃいけない。
全くの別物くらい雲泥の差があります。

基礎の検定ならコブも体幹部主導で、横滑りの連続でなく、谷回りが見せられないとダメだったでしょ。

ズルズルと横滑り→ドン→ピボット、はターンじゃないから。
ズルドンからでも流れを止めずにターン(ピボットターンはだめよ)していくように洗練させれば、…どうなんだろね?

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる