ここから本文です

電動ガンの初速向上・集弾性向上の改造について

inf********さん

2013/4/2320:22:43

電動ガンの初速向上・集弾性向上の改造について

自分は改造してないノーマルのMP5RASを使ってます。
ゲーム前に行う弾速計測で初速を見ると、0.20gの球で約80km/sほどでした。
少し広いフィールドに行ったとき、射程外で届かない・着弾時にバラけてしまって当たらないと不満が残る結果となりました。
一方で、相手が使ってる銃で改造を行っているのか、明らかに発砲時の音が違う、着弾時の威力が違う銃を使っている人がいます。
ハイサイ仕様の改造ではなく、単発の威力を上げた初速向上の改造だと思います。

フィールドのレギュレーション上、約90km/s前後まで初速を上げられます。
0.20gの弾で、初速が80km/sと90km/sではかなりの違いがあるのでしょうか?
そう思うくらいの違いがありました。

初速の向上、集弾性の向上を目的とした改造となると、それぞれどのパーツを弄る事になるのでしょうか?
また、簡易に行える方法、専門的にメカボックス内部等を弄る方法、それぞれあれば教えてください。

初心者の質問で申し訳ないのですが、お願いします。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
59,200
回答数:
2
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mea********さん

リクエストマッチ

2013/4/2322:09:22

80k/scではなくて80m/scですね。


発砲音が明らかに違ったとのことですが、バチバチンッという音ではありませんでしたか?


そうであれば流速チューンを施した銃ですね。


流速チューンと言いますのは規制の範囲内でBB弾の水平飛距離(つまり、有効射程距離)を延ばすために考案されたチューニング…と言うのはカスタムショップの言い分、正しくは「規制前の極悪チューンエアガンの初速を落とした時に、偶然的に発見されたチューン」と言った方が正しいでしょう。


強く、長いスプリングに容量の大きいシリンダー、絞ったノズル、大量のエアを押し出す為の重たいシリンダーヘッドにノーマルよりも内径の大きいインナーバレルと、強烈にホップの掛かる長掛け形状のホップパッキン。



これらを上手く組み合わせて、大量のエアでBB弾を押し出し、インナーバレル内でエアはBB弾を追い越し、エアに包まれたBB弾はホップ回転を減ずることなく銃口から飛び出します。


BB弾に強烈にホップ回転が掛かりますが、銃口から出た瞬間は先行したエアの流れに乗って浮き上がる事はなく、遠距離では減じられていないホップ回転により、ノーマルの電動ガンの1,5倍程の有効射程距離を引き出します。


ホップアップシステムを最大限有効に使うチューニングの為、流速チューンには0,25gや0,28gの重たい弾が適しています。そして重たい弾は遠距離で初速の落ち込みが少なく、同じ初速でも遠距離での威力が違うのです。


もちろん、良いことばかりではありません。


強いスプリングと重たいシリンダーヘッドでバチンバチンやるわけですからメカボの耐久性は落ちますし、ホップの調整も微妙になります。


しかも、このチューニングの怖いところは「ホップを掛けた方が初速が上がる」というところなのです。


ノーマルの状態でホップを掛けると初速は落ちますので、大抵の初速測定ではホップ調整をゼロの状態で計る所が多いと思いますが、流速チューンでは逆になりますのでホップゼロで初速クリアー、しかし実際にホップを掛けると初速オーバーというケースが頻繁にあるという話を聞きます。


せっかく、法律で上限が決められてイコールコンディションで遊べるのが楽しいと個人的には思うのですが…森も迂回ルートも無いフィールドで流速チューン相手にゲームしてもつまらないでしょうね。心中お察しします。



さて対策ですが、自分としてはフィールドを変えてみるのが良いと思います。しかしそれが叶わないのであれば、対抗して流速チューンでいいと思いますが、一つ問題が。


マルイノーマルのギアは合金で材質的には柔らかく、流速チューンには向かないのです。


今は中華ガンの方がむしろ硬い鉄のギアが入っていて、むしろ流速チューンにはそちらが向いています。


マルイノーマルのMP5にゲームで使えるぐらいのレベルの高い流速チューンを組み込むには、相当な大金と手間が掛かると思います…。


どうしても流速チューンのエアガンが欲しいのでしたら、ガンスミスバトン等の実績のあるショップの完成品を購入されてはどうでしょうか。


自分もガンスミスバトンの流速チューンは購入を検討していますが、今の所そこまでの長射程が必要無いフィールドで遊んでいますので、マルイノーマルで遊んでいます。

質問した人からのコメント

2013/4/23 22:23:42

そんな改造があるんですね。
1.5倍も飛距離が出たら、そりゃこっちは届かないはずです。
そこまでして、飛距離を伸ばそうとは思わないので、また会った時は諦めることにします。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

vos********さん

2013/4/2320:45:35

すでに廃れたカスタムですが、
ピストンのスプリングを強くして、それを動かすことのできるギアやモーターに変更し、
さらにそれを動かせるバッテリに変更するというのが、
電動ガンパワーアップの基本ですね。
ただ、現在はパーツもあまり出回ってないですし、
このカスタムでは圧が高くなるものの命中精度が良くなるわけではないです。

相手も0.2のBB弾だったのですか?
0.25の方が直進性が高く、長距離になれば0.2との差は歴然です。
しかも飛距離はそう変わりません。
可変ホップの調整次第では0.2にぴったり合わせたものよりよく飛ぶことも十分有り得ます。

また、マルゼンのBB弾とマルシンのBB弾では
メーカーが公称しているサイズも0.05mmも違い、
マルシンの方がパワーがでます。
6.01mm口径のインナーバレルが売ってるくらいですし、
サイズの違いは誤差の範囲内と言えるレベルでないですね。
初速もかなり変わってきます。

MP5RASのインナーバレスは短いです。
エアガンは圧縮空気によって加速するわけで、
空気圧が十分な範囲でバレルが長いほうがパワーも命中精度も上がりやすいです。
ロングバレルにするだけでも劇的に変わると思います。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる