ここから本文です

コンクリート支柱について

jak********さん

2013/4/2612:10:01

コンクリート支柱について

5m角、深さ4mの埋め戻しを計画しています。
埋め戻した後は駐車場(2台分)の使用です。

ボイドを埋設し、まわりは埋め戻し

ボイドと天端のコンクリート打設(外周に差し金)

アスファルト舗装

という計画です。

ボイドの径を計算するにあたって、資料を探しています。
ボイドの中に鉄筋をいれるものか、
天端コンクリート+車の重量を支えれるボイド径が必要かと思うのですが。

浄化槽?設置する場合は、ボイドを入れコンクリート柱にして
支えている、という話は聞いたのですが、
未経験な為、ご指導宜しくお願いします。

補足すいません、説明不足でした。
今回は地下駐車場を埋め戻す計画です。
天端のコンクリート+車+ASの重量を支えるため、ボイドにてコン支柱をと考えてます。

閲覧数:
1,081
回答数:
7
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nya********さん

2013/4/2714:23:43

建物や構造物など重いものが上に来ないのであれば普通の転圧埋め戻しで十分です。
コンクリートの支柱や有筋土間コンクリートなどを構築すると将来建物を建てる場合とか撤去するのにかえって困ることになります。

素人の回答者さまなのか内容が良くわからない回答があるようです。
仕様書というのは工事ごとに決められるものです。
基本的な建築工事仕様書というのは意味が不明です。
一般的なの意味かもしれませんが建築関係者なら一般的というでしょう。
一般的に良く使われる建築関係の工事仕様書を意味しているとすると幾つかありますがどれも転圧厚さは150mm毎ではありません。
建築工事の埋め戻しなら300mm毎が多いです。
土木や道路の一般的な工事仕様書では200mmも多く出てきますが150mmは一般的とはいえない工事仕様書なのでしょうか。
言葉は知っているというだけで具体性がないですね。

セメント安定処理工法等というのもすすめる意味が不明です。
セメント系固化材を使った地盤改良をさしているのかと思いますが言葉だけを知っていて使われている感じです。
この程度の埋め戻しで埋戻土のセメント安定処理等は管理手間やオーバースペックです。
4mと割と深いですしセメント系固化材を使った地盤改良には向かない深さでまともな建築関係者ならすすめない方法です。

質問した人からのコメント

2013/4/29 21:19:33

参考にさせていただきます。
ありがとうございました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kus********さん

2013/4/2623:59:38

コピペ臭のするカテマス今回はコピペじゃないがカブセだよね。

Nyagoの回答ってその前の人の内容とほぼ同じ内容で検索しなおしただけじゃん。

BA欲しくて何でもやるほんとうに嫌らしい奴ですね。

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意

wan********さん

2013/4/2623:36:40

カテマスのnyagoamgさんが肩を震わせながら逆切れしたそうじゃ!

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1010627673...

説教泥棒とはまさしくこのことですね!

素人に逆切れされてからまれるほうも酷い災難ですよね?

ありえねー恥野郎君です★★★吃驚

cop********さん

2013/4/2618:50:16

人の回答やネットの文章を盗作してコピーして自分の書いたように利用するのはとても卑しい恥ずかしいけど知恵袋推薦の行為ですか?

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1010268266...

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1110601621...

アバター

ID非公開さん

編集あり2013/4/2715:23:47

駐車場2台分の埋戻しですので、ボイドやヒューム管支柱+配筋+コンクリート打設 仕様とは施工方法として別な考え方が必要と思います。

先の回答者にもあるように、支柱の目的は、GSの地下タンクや合併浄化槽の埋設に対して直接表層面の載荷荷重が影響しないようにする為に埋設物周囲に配置され上層部の土間コンクリート等に配筋と共にコンクリートが一体になり支える役目になります。


ですので、ご質問者様の場合の埋戻し地盤に対しては、基本的な建築工事共通仕様書、埋戻し転圧300mm毎に準じた以上、(倍の150mm程での)転圧埋戻し、表層:土間コンクリートやアスファルト等の下層砕石敷き厚150--200mm転圧、土間配筋(コンクリートの場合は。)で車2台分の重量は、充分に支える事ができるかと思います。

(埋戻し時の水締めも非常に有効手段かと思います。)

また、埋戻しに、切込み土(礫交じりの土)や砂を埋戻しに使用しますと沈下作用が抑えられるかと思います。

(GS等のタンクの場合は、埋戻しに砂が指定されている場合が殆どかと思います。)

また、埋戻土の安定処理等の方法も有効手段の一つかと思います。

*セメント安定処理工法等になります。

(埋戻し土自体のN値を高める事が出来ると思います。)


以上、参考になれば幸いです。

usk********さん

編集あり2013/4/2613:48:31

浄化槽を埋設してその上を駐車スペースにする場合はベースコンクリートを打設しボイド支柱を立て鉄筋とコンクリートを挿入し埋戻後上部のコンクリート(有筋)を打設します。支柱の径や鉄筋の本数は浄化槽の大きさなどで変わってきます。
5m角であれば浄化槽ではないですね。オイルタンクも同様な施工をする場合がありますね。
補足
今まで地下駐車場があってそれを撤去し埋戻をするけど埋戻だけでは地盤がゆるいので支柱を立て上部のコンクリートを支えようという考えでしょうか。それであれば埋戻を何層かに分けて転圧し上部に150mmの厚さで切込砕石を敷きその上にアスファルト舗装で十分でしょう(乗用車程度)

浄化槽を埋設してその上を駐車スペースにする場合はベースコンクリートを打設しボイド支柱を立て鉄筋とコンクリー...

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる