ここから本文です

MRIインターナショナルで被害にあわれた方はいらっしゃいますか? 当方も被害を受...

ennpitu17さん

2013/4/2713:52:28

MRIインターナショナルで被害にあわれた方はいらっしゃいますか?
当方も被害を受けました。今後どのように活動していくべきか・・・
今後のMRIインターナショナルの動向も予測しながら、知恵を出し合いませんか?

ニュ

ースでは、「富裕層が投資」と強調さていますが、
障害者の息子をかかえる老婦人が、介護から働けず、なけなしのお金をかけたり
孫のためにと退職金をかけたりと、それなりに真剣に将来設計をかんがえていました。
だから、「別に遊び金じゃん。自業自得」と言われるのは辛いです。中には、
一生懸命働いて貯めたのを、いろんな人生の岐路でどうしても増やしたいと思って
甘い言葉にのってしまった方もいます。
ただし、お金の配当に欲ぼけを起こしてしまったことは事実ですが・・・。

とにかく、どういう対応をすればいいのかの情報交換、
また、このような投資詐欺被害に遭われた方からも、お知恵を
拝借したいです。よろしくお願いします。

補足倒産ですか?まだその情報は入っていないのですが、関東財務局に問い合わせたところ、
改善命令で倒産にはなっていないそうです。ただ、お金が戻るかは話が別ですが・・・。
その、解約金を取られても少しはかえってくる方法って、弁護士などに相談でしょうか?
弁護士費用を差し引いても、少しでも戻ってくるなら行動をおこしてもいいかもしれないですね!
少しだけ元気がでてきました。何人か集まってやってみようかしら・・。

閲覧数:
8,977
回答数:
25

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

編集あり2013/4/2717:16:30

私は被害者ではありませんが、このような事件で誰もが普通に採る解決策を書いておきます。

エドウィン・ヨシヒロ・フジナガ社長の身柄を押さえることです。
そして、軟禁して(監禁は絶対に駄目!)、エドウィン・ヨシヒロ・フジナガと交渉して、お金を返してもらうことです。
貴方が刑務所に行くことを覚悟した上で、腹を括って交渉すれば、必ずうまくいくでしょう。誰もが命が一番大切ですから。お金よりも命のほうが大切です。

サラ金などで回収の実務を多数経験された人からアドバイスをしてもらえば、よりよい交渉方法を教えてもらえるでしょう。

ともかく、エドウィン・ヨシヒロ・フジナガをサラってから、直に交渉し、貴方だけが特別に全額返金してもらえるようにきちんと取り決め、その場で全額回収することです。破産手続きに入ってしまったら、貴方だけが特別扱いされることはできなくなりますからね。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/24件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2013/5/321:09:23

こんばんわ。
過去に詐欺被害にあったものです。
自分自身、これから証券外務員1種、2種の勉強をして、試験に合格すれば有価証券取引を始めようと考えていました。
そんな中、このような事になったのは、ショッキングです。
自分の場合、大きなカテゴリで詐欺被害に10年間合い、人格までもおかしくなりました。
お金は大事です。しかし、東日本大震災を思い出してください。
津波で命まで奪われた人、故郷を原発事故で失った人、その後精神疾患で苦労している人。
他の国を考えましょう。その日、食べるご飯もない。お先真っ暗なくらい未来をじーっと待っている。
失ったお金に執着すれば、心がいやされる・・・。
それは大きな間違いかと存じます。当方の過去の経験からいきますと。
一番は、過去の教訓をどのように生かし、今後の人生で飛躍するのかがポイントです。
冷静に考えればわかるはずです。投資家の皆さま方。
破たんした会社からわずかなお金を回収するより、未来、今をもっと必死に生きましょう。

2013/5/314:55:07

アグラ牧場と似たような結末でしょう。障害者だろうが孫のためだろうが自己責任に代わりない。

なくなったら困る金をリスク商品に投じたら欲ボケと同じなのです。
その自覚がないのが一番困りますね。

arkadia2in1さん

2013/5/211:30:42

こちらのサイトでもMRIのニュースを追っています。

http://funshoku.blogspot.jp/

mitlaboさん

編集あり2013/5/321:19:24

日経新聞 電子版 (5月1日)

「米金融業者MRIインターナショナルによる資金消失問題を巡り、東京の弁護士らが被害対策弁護団を立ち上げる方針であることが1日、関係者の話で分かった。8日に記者会見を開いたうえで、12日に出資者を対象に説明会を行う予定。集団訴訟などを通じて同社に出資金の返還を求める。

関係者によると、弁護団は弁護士約20人で結成。既に参加弁護士の一部に出資者から「自分が投資したお金は返ってくるだろうか」との相談が複数寄せられている。

MRIを巡っては、顧客の出資金1300億円超を実際には運用せず、大半を消失させた疑いが発覚。証券取引等監視委員会が4月26日に強制調査し、実態解明を進めている。」

TBSニュース http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20130501-00000030-jnn-...

ria0012345さん

2013/4/3023:20:46

私も被害者の一人、あるいは身内というべきなのでしょうか。昨年夏に父にとって初孫となる子供が生まれたことで昨年末に、“自分に何かあったときのために”と父が退職金などから工面して1500万円×1口を受取人の名義を私にして投資していたと伝えられました。
運営実績があり、金商法の登録商品であることで信用した。
パンフレットに記載されている州政府の保証制度や銀行の流用防止制度も実際に存在するようです。
しかし、州政府の保証は企業が破産した際に取り扱っていた債権の権利を出資者に保障するもので運用実態が無い今回のケースでは適応されません。
2011年から運用実態がなかったというなら金融庁は何故もっと早くに着手してくださらなかったのでしょうか。
被害者の会が立ち上がった際は是非、私も参加させていただきたいと思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。