ここから本文です

ボクシングの村田諒太選手のように片腕のガードを下げるスタイルのメリットってな...

gaz********さん

2013/5/313:07:09

ボクシングの村田諒太選手のように片腕のガードを下げるスタイルのメリットってなんですか?素人から見るとあまりメリットがなさそうに見えるのですが。

閲覧数:
628
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

me_nonoさん

2013/5/315:42:54

攻撃重視になります。

仮に、頭の上までガードを上げてみてください。
その位置からパンチを打つことはとても困難なんです。

ガードを高く上げた上体で、スムーズにパンチを出すには、人間の構造上ある程度前傾しなければなりません。
前傾することが悪いということではありませんが、バックステップするのが難しくなります。


一方、ガードの位置を下げれば前傾しなくともスムーズにパンチが出せます。
ですが、当然防御が甘くなるといった欠点もあります。


このように、どのスタイルも一長一短あるわけですね。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

rea********さん

2013/5/317:39:19

試合はプロでまだしたことありませんのでどうするかわかりませんが今はラス・ベガスで練習してますよ

hideoyaji803さん

編集あり2013/5/313:40:19

過って、トーマス・ハーンズが多用していたことから

ヒットマンスタイルとか、デトロイトスタイルとも呼ばれています。

真似をして、バッグを打ってみると実感できると思いますが

肩の力が抜けるので

強くて速いジャブをスムースに出せる利点がある反面

相手のパンチを見切る能力と、上半身の柔らかさが無いと

コンビネーションの餌食になります。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる