ここから本文です

アケメネス朝ペルシアによるオリエント世界の統治について説明下さい。

tsu********さん

2013/5/621:47:44

アケメネス朝ペルシアによるオリエント世界の統治について説明下さい。

補足新バビロニア、サトラップ、バビロン捕囚、アッシリア、ユダヤ人、駅伝制、コイン、インド・ヨーロッパ語系、厳しい支配、ダレイオス一世
以上の言葉全て使った説明下さい。

閲覧数:
683
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

gan********さん

編集あり2013/5/623:53:25

前7世紀にオリエントを征服したアッシリアは、厳しい支配により反抗を招き崩壊した。その後は4王国が分立した。そのひとつ新バビロニアは、ユダ王国を滅ぼしユダヤ人をバビロンに連れ去った。これをバビロン捕囚という。

前6世紀の半ばになって、インドヨーロッパ語族のペルシア人がアケメネス朝を建て、第3代のダレイオス1世が大帝国を建設した。

ダレイオス1世は、中央集権化を進めたが、その統治方法は、広い帝国の領土を約20の州にわけ、そこにサトラップと呼ばれる州知事をおくものであった。さらに監察官をもうけ、各州を監察させている。

アケメネス朝は、服属した異民族に対しては寛容で、自治も認めた。

帝国内には「王の道」と呼ばれる国道を整備し、駅伝制をしいた。また、コインの発行や貿易の保護もすすめた。

こうした政策により、アケメネス朝は約200年の長きに渡りオリエント地域を支配した。



いかがです?

質問した人からのコメント

2013/5/6 23:59:02

降参 いかがです?wwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
回答ありがとうございます。助かりました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる