ここから本文です

永遠のゼロについて質問です。宮部久蔵はなぜ特攻に行ったのですか?

seu********さん

2013/5/622:20:59

永遠のゼロについて質問です。宮部久蔵はなぜ特攻に行ったのですか?

やはり、教え子の死にざまを見ていてもたってもいられなくなったのでしょうか?(顔つきが最後変わっていたのは、これが理由ですよね?)
つまり、妻よりも教え子への償いの方が勝ったということでしょうか? じゃないと、零戦も交換しないと思いますし。 やはり、交換する場面では、妻よりも大石を助けたいという気持ちが大きかったんですかね。

閲覧数:
20,312
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ore********さん

2013/5/919:54:59

「大石を助けたい」というより、たくさんの教え子の死の上で自分が生き延びていく辛さに、もう限界だったのではと思います。
毎日毎日、教え子の死を見続けて、自分が特攻機を先導?しても1機も守れなくて…。「家族のために生きたい。死にたくない」と言い続けていた宮部も、もう耐えられなかったのでしょうね。そこまで追い詰められていたのだと思います。

読んでいる立場としては、宮部にはそのまま故障機に乗って、松乃のもとへ帰ってほしかったです。

この本を読んでいて、平和な時代に生まれたことに感謝をして、精一杯生きていこうと思いました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tou********さん

2013/5/813:06:30

これは「小説」だ。作者の思いつきに過ぎない。特攻をこんな娯楽小説にして勝手な想像で書くのは特攻に対する冒涜だと思う。

sei********さん

2013/5/623:40:08

いろいろな考え方ができると思いますが、私は宮部が特攻に志願したのは、必ず敵の戦艦を沈没させる方法があり、かつ自分も生き延びる事ができると計算していたのだと思います。でなければ「俺は絶対に特攻に志願しない。妻に生きて帰ると約束したからだ」と言い放った宮部が志願するはずがありません。零戦の交換については微妙なところですが、目の前の大石を助けたいという気持ちと家族を天秤にかけて、釣り合ったままどちらにも動かなかった気はします。しかし先に述べたように宮部は零戦の交換で大石を助け、なおかつ妻との約束を果たそうと計算していたのだと思います。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる