ここから本文です

双発のプロペラ機はなぜ単発のプロペラ機に比べ、プロペラの4つの効果の影響が小さ...

had********さん

2013/5/715:10:51

双発のプロペラ機はなぜ単発のプロペラ機に比べ、プロペラの4つの効果の影響が小さいのでしょうか?

閲覧数:
581
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

www********さん

2013/5/719:23:20

プロペラの4つの効果とは、
・プロペラ後流
・ジャイロ効果
・プロペラの反動
・Pファクター
のことでしょうか?

多くの単発機はプロペラが機首に付いています。このためプロペラ後流は胴体に沿って渦を巻くように流れます。
この胴体に沿った流れが機体のローリングやヨーイングの悪影響をもたらします。
双発機ではプロペラが主翼に付いているので、胴体に沿ったプロペラ後流が発生しません。

ジャイロ効果、プロペラの反動、Pファクターに関しては、双方のプロペラがお互いの悪影響を打ち消し合うので単発機に比べて安定性があります。

総じて、単発機は機体の軸とプロペラが一直線になることによる悪影響が大きいのですが、双発機になると機体の軸から大きく外れ、左右の翼の上で同じ力が働く格好になるのでこの力は無視できる程度に小さくなります。

質問した人からのコメント

2013/5/10 17:31:51

降参 アザっす

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

nak********さん

2013/5/716:12:34

質問の意味がわかりかねるのですが。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる