ここから本文です

人工膝関節手術について

hana25himawariさん

2007/2/509:29:41

人工膝関節手術について

母(62歳)慢性関節リウマチを患っています。

現在、左膝の人工関節手術を勧められているのですが、
手術をするにあたってのデメリット・危険性はどんな事があるのか教えてください。

閲覧数:
3,836
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

dr_honedaikuさん

2007/2/517:27:49

人工膝関節置換術の問題点は、自分の関節ではなく、あくまでも器械であることです。
いくつかの重大な問題点がありながら、盛んに行われているのはなぜか?
それは手術結果が、他の方法よりもはるかに優れているからでしょう。

1)かなり普及している手術とはいえ、術者の技量に左右されることがあり、
体には負担がかかる手術です。
 ・ある程度の出血が起こる手術です。
 以前は輸血をしておりましたが、最近は輸血なしあるいは自家血輸血で可能です。
 特にリウマチの方は元々貧血があることがあり、輸血が必要になることがあります。 ・手術により、静脈血栓症を起こす危険性があります。
 予防策は講じられるのですが、完全に予防することは出来ないです。
2)感染が起こると、手術が台無しになってしまいます。
 ・人工関節に感染が起こると、これを抜去して持続洗浄などの治療が行われます。
こうなると、初期に予想された結果が得られないことがあります。
 ・特にリウマチの患者さんでステロイドが使われていたり、糖尿病がある場合には、
 感染率が高くなります。
3)膝の可動域は、リハビリに対する意欲に左右されます。
 ・術後の可動域訓練や筋力強化は、それなりの苦痛を伴います。
特に術前、膝の可動域が悪くなっている場合には、辛いことがあるでしょう。
4)人工関節の沈み込み、摩滅があること。
 ・金属とプラスティックで出来たものですから、人工関節が骨へ食い込んできたり、
 摩滅の問題、緩みの問題があります。
 ・機械的に摩滅が起こってしまった場合や緩みが起こった場合、
 再置換を行うことがあります。
 人工関節の寿命は10~20年位です。
これは患者さんの活動性によって違ってきます。
痛みがなくなったからと言って、無理な使い方をすると、早く摩滅します。
5)転倒などで骨折すると、その対処がかなり大変です。
 ・人工関節の周辺に骨折が起こると、人工関節そのものが邪魔になり、
 手術がかなり大変です。


http://www.whp.or.jp/special/index.html
http://www.hiroba-j.jp/tikan/tka.html
http://www.zimmer.co.jp/_02geka/_01kiso/_gknee.html

私の恩師の言葉です。
『人工関節は、それを入れた時が最高なんですよ。』

〔整形外科医・骨大工〕

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

raamentajikaさん

2007/2/509:38:06

今の人工関節は非常に良くできています。手術をする医師の経験豊かになっていますので
私も勧めます。OPをする以上デメリットを考える事はありません。
従兄弟が子供の頃から大腿骨骨頭異常で60年以上歩行が大変でしたか、人工股関節
のOPを受け、以前の「びっこ」から解消されました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。