ここから本文です

積水ハウスと大和ハウスとミサワホームは、どこも鉄骨軸組工法だと思いますが、各...

huj********さん

2013/5/1116:41:28

積水ハウスと大和ハウスとミサワホームは、どこも鉄骨軸組工法だと思いますが、各社の大きな違いとしてはどういう点が上げられるでしょうか?

補足ん?既にかなり参考になったのですが…もう少し突っ込んでよければ、ユニット化の度合いが高いのはどこの会社の何という工法でしょうか?現場での柔軟性が高いのはどこの会社なんでしょうか?

閲覧数:
1,203
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

kam********さん

編集あり2013/5/1406:32:33

この様な場合には「軽量鉄骨造」と言います。
軸組み工法は「木造」の場合以外には使いませんので。

彼らの多くは「ユニット化」していますので、骨組みと
ユニットの両方で構造体を形成しています。
この様な場合には「国土交通省」の“型式認定”を受けておきます。

但し、この工法にも「欠点」はあります。
あらかじめユニットの大きさ(特に最小サイズ)は決めていますので

敷地の余裕からあと50cm大きく出来るとなった場合に
通常ならば「木造」でも「鉄骨造」でも可能なのですが。

ユニットの場合には「出来ない事」もあるので
融通が効かないとも判断されます。

工場での「完成率(度合い)」を上げるのか?
それとも現場での「柔軟性」を優先させるのか?

この違いが各社の「工法の違い」だとも言えます。

★追記:
どこの会社が、どの様な仕様なのか?
全て公開していないので”ハッキリ”とは分かりませんが、

少なくても「セキスイハイム」の工場完成率が
高いのだけは有名な所です。

ミサワは最近「軽量鉄骨造」を始めたばかりなので
どの様な方法なのか? が分かりません。

「軽量鉄骨」の方が「耐震性」や「シロアリ対策」に
有利だと信じている方も多いのですが、
(建築物とは、その様に簡単な物ではありませんが)

生産時の「一次エネルギー」の大量消費からも
将来的には「戸建て住宅」には使えないのかも知れません。

疑問点があれば「再質問」でお願します。

質問した人からのコメント

2013/5/17 00:02:02

降参 なるほど!大変詳しく教えていただき、ありがとうございました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる