ここから本文です

基礎英文解釈の技術100と英文解釈の技術100のどちらを使うかで迷ってます。 基...

vit********さん

2013/5/1221:22:49

基礎英文解釈の技術100と英文解釈の技術100のどちらを使うかで迷ってます。

基礎英文解釈の方は1〜11までやりましたが頭から英文を読んで内容を理解できてしまいます。それでも品詞分解をし

て丁寧にやってますが、日東駒専の長文を読んでる感覚です。しかし、わからない単語がでてきたり、和訳を文の全体に合うようにうまく訳すのがたまにできなかったりします。ガチガチな訳になってしまったりします。

英文解釈の方は品詞分解は7割8割できます。演習で訳をうまく書けたり文を理解できたりする時もあります。しかし、読んでて50パーセントの確率で「ん?」ってなったりします。解説を見ないと綺麗な日本語にうまく訳せない時もあります。しかし、解説を読んだら書いてある内容や品詞分解など理解できます。

そこで3つ質問があります。

1、今の自分はどちらを使うのがいいですか?少しだけ難しいなー、と感じる文を読んでつまずいても解説を読んで理解しながらやってく方が力がつく気がして英文解釈をやってますが今のままでも良いでしょうか?

2、二つのテキストを選ぶ際に何が基準になりますか?例えば、英文解釈の解説を読んでも理解できないレベルであれば基礎英文解釈の方から取り組むべきなど、、、

3、100の問題をどのくらいの期間で解くのが理想ですか?また、一日に何題解くのが理想ですか?

3教科、早稲田文型志望です。

長々とすみません。
回答よろしくお願いします。

この質問は、cri********さんに回答をリクエストしました。

閲覧数:
14,090
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

cri********さん

リクエストマッチ

編集あり2013/5/1315:52:26

リクエストありがとうございます。以前ポレポレと無印100の違いを回答させていただいた方ですね。こちらこそ長い文面になりますが、よろしくお願いします。

質問を拝見すると、できれば英文解釈の技術100(無印)を選択したい気持ちが伝わってきます。また、それが可能な実力であるだけに、当方も非常に迷っているのが正直なところです(笑)。和訳問題のウェイトが高い旧帝大志願なら、無印の選択を止める気はないのですが、早大志望で和訳にひっかかっているのが気になっています。

英文解釈の技術シリーズ(特に基礎100)は定番参考書ですが、読者により不向きも結構あります。また、昔からこなれすぎた和訳が理解しづらいことが多く、現行版でも特に下線部以外の和訳で生真面目な受験生ほど悩むことが多いのです。

ですので、基本路線として質問者さんなら、無印よりもポレポレをお薦めします。前回の回答で無印は和訳問題のある国公立や早大商向けとお答えしました。それをご覧になっての選択かと思います。けれども、今回の質問文を拝見するとかえって和訳に悩まれており、早大が第一志望という点(商でも国公立よりは和訳のウェイトはずっと小さい)、今後の残り時間を考慮しての選択です。以下に詳しく述べていきます。

1、について
まず基礎100を使いましょう。この英文が頭から読み下せてしまう(この感覚は非常に大切)が、丁寧に品詞分解をしているとのこと。理想的な読み方だと思います。ガチガチな和訳は気にしないでいいですから経験として続けましょう。解答もこういう風に訳すのかくらいに捉えておきます(後できちんと手をうちます)。
ぜひ、お勧めしたいのは今後回答時には、後ろに100文がまとめて掲載されているところを使うことです。つまり構文や文法項目のタイトルなしで進めて下さい。この方法は仕上げレベルですが、あなたなら十分可能ですし実力がつきます。なお、CD併用の音読はお勧めです。意味のまとまりごとの息継ぎに留意すると英文の理解が深まるとともに速読力もつきます。

2.について
問いに直接答えれば、そもそも無印があって入試の易化にともない基礎100が出ましたのでその通りです。が「技術」としてはかなり重複していますので、無印は基礎100ほどメジャーではなく、他の選択肢をとる場合が多いです。早大の和訳なら無印の和訳で悩む時間が正直もったいないくらいです。
そこで、質問者さんの場合には基礎100終了後、ポレポレをお薦めするのですが、その前に「基礎英文問題精講」のエキス例題1から60だけでいいので演習としてやってみてください。基礎100ができていればむしろ易しく感じるかもしれませんが、ここでは、「和訳のやり方」に重点を置いてください。解説でピンとこない場合や添削が欲しい場合は高校や予備校の先生に質問してもいいと思います(誰でも知っている参考書です)。この60の例題は構文と読解用文法事項が網羅されており、これをマスターすれば読めない訳せない英文はまずなくなります。早大の和訳にも十分です。
基礎英文のあとポレポレになりますが、ここでは基礎100でできていた「頭から英文を読んで内容を理解」がより高レベルの英文でできるかが主目的です。ご自分の和訳の細かい点は気にせず、頭からの構文のとらえ方(プロセス)を解説でよく確認しましょう。

なお、品詞分解は、基礎100でしっかり(かつ素早く)できることが大切で、もうその後の参考書では必要ありません。品詞分解により構文を見抜く目は身についているのですから、むしろ頭から読み下す感覚を大切にしてください。速読力を重視しましょう。超長文の早大は時間との勝負です。

3.について
現役生なら、東進の過去問サイトで志望学部を今年の分も含め、3年くらいざっと見てみましょう。解く必要はありませんが和訳問題はそうレベルは高くないことは確認できるでしょう。商学部なら長文問題が5題(90分)。結構な衝撃だと思います。ここからポジティブに逆算の発想をしましょう。できれば夏休み中からは、長文にどんどん取り組んでいければ理想的です。それまでにはポレポレまでを完璧にしたい。じゃ、月当たり、週当たり、そして日々どれだけのペースでやる必要があるか。早大を目指す質問者さんならおのずと計算できると思います。

最後に確認の意味で、英文解釈の基本方針を参考書使用の目的とともに述べておきます。
・英文解釈は長文が読めるようになるためには文頭から構文を予測して読み下していく必要がある。
(この基盤となるのが基礎100の現行で、完成がポレポレになります)
・英文解釈は和訳のためにも必要である。このときは構文要素の分析と国語力が必要となる。
(そのために基礎100(特に品詞分解)をしっかりやり、基礎英文問題精講での頻出構文の意訳処理をマスター)

以上、参考になれば幸いです。健闘を祈っています。

質問した人からのコメント

2013/5/13 21:14:02

降参 回答ありがとうございました!
とても回答の内容が理にかなっており、深く納得できました。また改めて参考書を使う目的を確認でき「よし!やってやろう!」という自信がつきました!感謝してます。
信じてやります!ありがとうございました!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる