陸上、短距離100mで10秒台をだすために改善したことはなんですか?

補足

回答ありがとうございます。 引き続き回答募集しております。 経験者、指導者の方のご回答だとなお嬉しいです。 もしそのようなお方からのご意見であった場合、差し障りのない程度に競技経歴などを載せていただけますと、大変参考になります。

マラソン、陸上競技38,793閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">250

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

3

3人がナイス!しています

その他の回答(1件)

4

名の通った強豪校出身で持ちタイム10秒台の元スプリンターです。 はっきりと言わせてもらいますが、そう簡単に10秒台は出るようなものではないです。 11秒4の持ちタイムで大学卒業までに10秒台の可能性があるかといえば現状ギリギリラインになります。 質問者さんがフォームどうこうと記載していますが、それ以前に膨大の走り込みを行わないとまず無理です。 フォームの改善や走り方を研究しだすにはまだ早い段階です。 100M走はそんなにすぐタイムが縮まる事が難しい競技と3年間やってきてわかってきてる時期ではないでしょうか? 自分は高校一年の入学したては11秒9がベストでした。 秋には11秒4のベストをマーク。 高校二年は11秒1がベストです。 自分のコンディションや天候などの条件が全てそろえば10秒台も見えてくるラインにはいました。 ですが高校二年の間にはその壁を超える事は出来ませんでした。 秋頃には肉離れを起し、完璧な冬季練習を行う事が出来ませんでしたが三年時には10秒9台を何発も出す段階までいけました。 これからという所で夏にまた怪我をしてしまい、それ以上の記録更新は出来ませんでした。 10秒台を出すにあたって、流した状態(風+-1程度)で11秒フラット辺りをうろうろしていなければ難しいです。 好コンディションがそろえば10秒台が見えてくるという事になるでしょう。 まず走り込みをして自分のスプリント力を上げなければまず無理ですね。 週3程度の練習じゃはっきりいって無理です。 短い距離なんかじゃなく300とか250とか一日に何本もガンガン走って吐きそうになるぐらい追い込まないと難しいでしょうね。

4人がナイス!しています