ここから本文です

中国共産化、マッカーシズムに対する再評価は?いかがです? わたしも、若い頃は...

maj********さん

2013/5/1318:52:16

中国共産化、マッカーシズムに対する再評価は?いかがです?
わたしも、若い頃はハルバースタムとかタックマンの書いた「スティルウィル」とか、ばかり読んでいたのですが・・・
最近マッカーシー本人の

「共産中国はアメリカがつくった」成甲書房(1951年)を読んでみたのですが、意外なほど(笑)マトモなことしか言ってないのでビックリ。
半世紀おいて見ると、彼と彼のスタッフは大筋において正しかったのじゃないか?という気がします。
皆様はいかが?

閲覧数:
250
回答数:
2
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

cre********さん

2013/5/1322:18:47

如何でしょうか。
彼と其の同調者達と言うのは、単に踊らされて使い捨てにされただけのトリック・スターと言う感じなのですが。
マッカーシーの情報源はハッキリとはしませんが、話がコロコロ変わる事から確たるモノでは無く、一番可能性が有りそうな"フーバー長官"でも肝腎な所は質量共に全く御預けにされて居る事からも、彼マッカーシーが大して信用されて居無かった事を物語ります。
彼の"赤狩り"と言うのは、言い方は悪く成りますが、矢鱈滅多ら剣戟を振るう"目暗斬り"に近い所が有り、当初は同志だったと言えるニクソンやR・ケネディーにも呆れられて仕舞ったのは其の為かと思われます。
こう成ると"本"と言うのも、本当に当人が書いたモノか怪しく成って来るかと思います。
少なくとも生前のマッカーシーと言う人物は、常識論を展開する様な人間では無かった事は歴然として居ますので。

(|…o±\o

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

ara********さん

2013/5/1321:05:03

“米国帝国主義は、世界共産主義の反面教師である”、毛沢東。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる