ここから本文です

土地を購入して、家を新築しようと思っています。今、値段的にも場所的にもよい土...

yuu********さん

2007/2/1415:53:16

土地を購入して、家を新築しようと思っています。
今、値段的にも場所的にもよい土地を見つけました。

不動産によれば、上の層は、もともと山林だったため、上の層は山の土で、その下は、粘土質になっているようで、地盤的に硬く、たぶん地盤改良の必要性はないとのことでした。

しかし、粘土質という事は、水はけが悪く、湿気が多いと言う事なのでしょうか?

土地自体は気に入っているので、購入したいのですが、もし湿気が多い場合、
家の構造(基礎、断熱など)は、どのようなのがベストでしょうか?


ちなみに、今見積もりを取っている工務店さんの仕様は

① べた基礎、骨組みの木は『スーパードライ檜』 断熱材はロックウールの内断熱。

② べた基礎、外断熱セルロースファイバー(ホウ酸入り)。


まったくの素人の為、書いている事が矛盾していたりしたら、すみません。。

閲覧数:
1,370
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

光衛門さん

2007/2/1416:17:31

先ず、山の土と言うのはなんでしょう?
岩盤なんでしょうか?それとも砂礫でしょうか?よく分かりませんが、
山の上なら湿気の心配は先ず必要ありません。
但し、山の斜面はどの方向を向いていますか?
北よりなら少し心配かも?
湿気問題は、土質もそうですがN値(地盤の固さ)によります。
N値が低ければ、水分が多く弱いということです。
その土地のN値はいかほどでしょうか?
それによって地盤改良の有無が決まります。

①、②ともにベタ基礎なら室内への湿気侵入は無いでしょう。

ボーリングデータ(地質調査)があれば詳しく分かるのですが。

質問した人からのコメント

2007/2/19 10:38:11

ベタ基礎なら、湿気は大丈夫なのですね。とても参考になりました。ありがとうございます

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる