ここから本文です

たくさん鳥居がある神社。あれはどんな意味があるのですか? ひとつじゃだめなん...

anp********さん

2013/5/2911:22:05

たくさん鳥居がある神社。あれはどんな意味があるのですか?
ひとつじゃだめなんでしょうか!?

閲覧数:
7,474
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

tya********さん

2013/5/2919:18:59

まず、「鳥居とは何か」という事から始めさせていただきます。

鳥居は神の住む神域と人間が住む俗界を区画し、神域の入り口を表す「門」のような役割を果たすものです。

という事で「ひとつじゃだめなんでしょうか!?」という質問の回答は「一つではだめ」です。
神域への入口は一つとは限りません。入口が複数あれば複数の鳥居が必要です。
ま、現実には鳥居を省略した神域への入口も多いですが・・・

そしてまた広い神域を持つ神社では一番外に「一の鳥居」を置き、そこから参道を神の住まう本殿に近づくにつれて「二の鳥居」「三の鳥居」と設け、より神に近く神聖な場所との結界としています。

鳥居を一つずつ通過するごとにより神に近づく訳ですね。

これが「たくさん鳥居がある神社。あれはどんな意味があるのですか?」の回答に繋がります。

たくさん鳥居と言うと各地の稲荷神社の「千本鳥居」が有名ですが、これは信者が奉納したものが次々と増してトンネルのようになったものですが、それをくぐってお参りする事により、より神の恩恵にあずかる事が出来るとする信仰になったものです。

また鳥居のトンネルをくぐりぬける事が「信仰の道」に繋がる、人間の胎内をくぐる感じがして子宮内幻想に繋がるという説もあります。

質問した人からのコメント

2013/5/29 22:47:42

成功 深いお話、ありがとうございました!勉強になりました。
回答してくださった方にもお礼申し上げます。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

ken********さん

2013/5/2911:33:57

多いからと言う特別なことはありません。

願い事が「通る」或いは「通った」御礼の意味から、鳥居を奉納する習慣が広がった結果です。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる