ここから本文です

鹸化により石鹸ができることはひとまず読みました。ところで、この後、出来た石鹸...

dai********さん

2013/5/3007:34:59

鹸化により石鹸ができることはひとまず読みました。ところで、この後、出来た石鹸がどのようにして汚れを落とすのですか?石鹸の中に界面活性剤的なものができているのですか?初歩の質問ですいません。教えて下さい

補足vamam38様
界面活性剤の知識と鹸化の知識を別々に聞いていました。

閲覧数:
185
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yam********さん

2013/5/3007:39:22

主成分の脂肪酸金属塩の分子中に親水性の部分と
親油性の部分があり、界面活性作用があります。

質問した人からのコメント

2013/5/30 14:01:17

降参 皆様、有り難うございます。最初にお答えを下さった方にBAを!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

pinokoさん

2013/5/3012:23:07

ケン化 脂肪酸エステルが水酸化ナトリウムにより脂肪酸ナトリウムになること。

脂肪酸ナトリウムのアルキル基が疎水性 電離したカルボキシル基が親水性で界面活性剤になります。
界面活性剤になれるかは、アルキル基がそれなりに長いこと。

mar********さん

2013/5/3010:18:30

>石鹸の中に界面活性剤的なものができているのですか?

石鹸『が』界面活性剤ですよ?

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる