ここから本文です

3Dプリンターで銃もできちゃうなら…

ybbsky1さん

2013/6/309:31:30

3Dプリンターで銃もできちゃうなら…

山口組はお金持ちだから3Dプリンター購入して改造拳銃造れちゃいますね。
あそこはお金にものいわせて優秀な弁護士を雇うので有名だから
同様にして優秀な工学系学生を法外な報酬で数人雇い入れ
3Dプリンター与えてCADで図面作らせて造れば簡単。

今は就職難だからそのあたりを探せばいくらでも拾ってこられそうだし。

数発撃てる程度の耐摩耗性材料と精度でいいならいくらでも簡単に造れそう。


きっと世の暴力団といわれる人たちは気付いてますよね。
私でも思いつくのだから(^◇^)

3Dプリンター1台数百万円程度だそうだし(強面のおじさんたちの大好きなベンツ買うくらいの値段で十分)
改造拳銃密造するのよりはるかに安い^^

数丁のけん銃を密造密輸するくらいの価格で作り放題><。。。。


当局はこの事態にどう対応するのでしょう。
3Dプリンター販売禁止法令でも出すのですか?

補足回答ありがとうございます。
お札の場合は分割して造るというわけにいかないからシステム側で弁別できるかもしれんけど、
機械部品の場合分割して作ったら見分けつかんですよね。
銃口の筒の部分だけ。
檄鉄のニードル部分だけ。
リボルバー部分だけ。
ってなかんじで造られたらどう見分けるのですか?

筒やニードルも造れないような3Dプリンターにしてしまったら何も作れなくなっちゃいますよ><。。

閲覧数:
2,203
回答数:
7
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

stg44ak47akmさん

2013/6/723:47:02

見た感じ、3Dプリンター拳銃『Liberator;リバレーター·リベレーター』撃たれる人よりも撃つ人の方が危険でしょう。なので、実際に町に出歩いて3Dプリンター拳銃を持った男におそわれる......何てことは考えなくてもよいのではないでしょうか。

但し、やはり数発だけ撃てる完全使い捨て拳銃としてなら、社会的不安は大きいでしょう。そもそも、あの拳銃のモデルになった金属製の実銃『リバレーター』は、第二次世界大戦中に開発だれたものなのですが、あの銃は本来は実戦で使用するものではなく、敵に占領された地域(具体的に言えばナチスドイツに占領されたフランスなど)にいるレジスタンス向けという形をとってドイツ軍向けに開発された拳銃です。
つまり、あえて敵にその銃の存在を知らせることで、超大量生産に向いた拳銃を相手が大量に持っているのでは?という疑心暗鬼を相手に植え付けるために開発されたものです。

これと同じ使い方、つまり、相手に恐怖を与える為の小道具......的使い方をヤバい人たちが使い始めると、この3Dプリンター拳銃は社会的に非常に怖い存在となってしまいます。加えて、質問者様のおっしゃる通り、密造の容易さ等の問題もあります。日本の警察や司法関係者などがこの問題に気づいているのか甚だ疑問ですが(十中八九気づいていないだろうし、そもそも、3Dプリンター拳銃の存在すら知らない可能性が高い)、この3Dプリンター拳銃は予想以上に厄介な代物だと思います。

質問した人からのコメント

2013/6/9 21:25:58

私もそう思う^^
ちなみにある話では弾つきで5万円で手に入るとのことです。
ドラッグの様に新宿の棒道端で声かければ紹介してくれるなら…
わたし買っちゃうかも(^◇^)
モデルガン大好きだから。
弾が出るなんて絶対お買い得
(--〆)むふふふふ

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

fiat500jpnさん

2013/6/319:45:35

山口組ほどの組織なら普通に金属加工機械を仕入れて銃器類を作る事は可能でしょう。(過去、オウム真理教がやってましたからね。)

ただし、暴力団は監視されてますから足の付きやすい製造工場を持つより密輸で手に入れた方がリスクが低いように思います。

2013/6/311:02:52

金属パイプとパチンコ球と花火があれば中学生でもよっぽど殺傷能力がある銃が簡単に作れます。

プラスチックの銃なんか作っても何の役にも立ちませんよ

kudoi_hitoさん

2013/6/310:31:40

3Dプリンターで出力した「銃」は、銃としての実用性はほとんどありません。アレと同程度の機能をもった道具なら、わざわざ3Dプリンターを使わずとも、よっぽどマシなものが作れます。もしあの「3Dプリンターによって出力した銃」が社会的に危険視すべきもので法律で規制しなければならないものだとしたら、ホームセンターに普通に売ってる様々な金属加工のための工具も同様に規制しないとならないということになります。そんな馬鹿な話はありません。


実際のところ、「実弾を装填して発射する」という機能をもった機械というだけならそれほど複雑な加工や構造が必要なわけでもなく、簡単に作れてしまいます。片方が閉鎖された筒(銃身)の閉鎖された側に銃弾を固定して、その固定した銃弾の特定の場所を強く打撃するだけでいいからです。銃ってのはそういう意味ではごく簡単にそこらへんにある材料で作れてしまうものなのです。

ただし、そういう「簡単に作った銃」に実用性があるかどうかというと話は別です。弾を一発撃つのにも銃の一部を分解して「弾を入れる場所」を開けて、弾を入れてからまた銃を組み立ててようやく発射準備が整うといった具合で、火縄銃のほうがまだマシじゃないかってくらいの手間がかかります。また現代の銃には「ライフリング」といって銃身の内側に螺旋状のミゾが刻まれていて、銃身内で弾はそのミゾに食い込んで回転させられながら加速して飛び出していくことで空中で飛翔するときの姿勢が安定し、遠距離でも同じ場所に当たるような工夫がされていますが、単なる筒の組み合わせだけで作った「銃」ではそんな加工はできませんから近距離でしか狙った場所には当たりません。

今回話題になった3Dプリンターで作る銃というのもそういうものです。およそ銃としての実用性には欠ける、「とりあえず弾を装填して発射することが可能な道具」というだけのものです。そもそもそれを作ろうと思った動機も、「3Dプリンターという道具は、銃(弾を装填して発射することが可能な道具)を出力することが可能である」という技術立証のためというのがメインであり、それを使って商売をしようとかテロの手助けをしようとかいうものではないのです。報道がやたらとセンセーショナルだったために、戦争で使われるような高性能で物騒な銃器と同様のものを誰でも簡単に手元で出力できるのだと勘違いしてしまっている人も多いようですが、そんなことが可能になるのはまだまだずっと先の未来の話になるでしょう。

2013/6/309:55:58

改造拳銃や密造拳銃なんて作らなくたって、すでに日本には供給過剰なほどの実銃が流入して来ていますよ。

中国製トカレフなんてチンピラしか買わない。
高級感部はS&Wがイイのコルトはイイのとブランド化してます。
いまさら密造拳銃なんて持ってたら笑い者にされます。

lo________olさん

2013/6/309:46:55

まともな銃が手に入るのですから、暴発して手を失う危険性のあるオモチャの銃なんて見向きもしませんよ。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。