ここから本文です

自家用飛行機のライセンス取得の安全性。

sums_golfさん

2013/6/1110:32:38

自家用飛行機のライセンス取得の安全性。

はじめまして。 この夏にアメリカで飛行機のライセンスを取ろうと思っています。

それを家族に話すと、危ないからやめてくれと言われてしまいました。

何とか家族を説得したいのですが、何かいい方法や安全性を示せる統計学的なデータはないでしょうか?

初心者とベテランの単位時間当たりの事故率と死亡率などを車やバイク等と比較して示せたらいいのですが・・・。

ちなみにこの前も危険だからという理由でお気に入りだった『コペン』という軽自動車を買い替えさせられましたorz

飛行機は幼いころからの夢だったので、絶対に免許を取りたいです。

よろしくお願いします。

閲覧数:
279
回答数:
2
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

marutoyo037さん

2013/6/1110:47:06

取り敢えず、このカテで飛行機のライセンスの質問はしても無駄だと思いますよ。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

niyaniya365さん

2013/6/1111:16:02

一般人が持つイメージって直感的で間違ってることが多いんですよ。

飛行機は世界中を飛び回って年間平均900人ぐらいの事故死亡者数です。これに対して、日本国内だけでの交通事故死亡者数は1年で7千人ぐらいで、事故で怪我をする人は10万人ぐらいです。アメリカだと「ライト兄弟が初フライトに成功してから今までの飛行機事故死亡者全員よりも、たった1年間の自動車事故死亡者数の方が多い」ともいわれてます。

軽自動車も危険だというイメージを持つ人が居ますが、自賠責保険も自動車保険も普通乗用車より2割ほど安いので、これは事故ったり死んだりする確率が普通乗用車より低いことを意味します。

原発も危険だというイメージがどうしてもつきまといますが大気汚染で世界中で死んでる人は年間113万人というのと汚染源の3割は火力発電所というWHOのレポートが。これは火力発電所が年間34万人程煙突から出てくる汚染物質で人が死んでるって事になります。原発で10名ぐらい甲状腺異常が出るだけでギャーギャー騒ぐ一方、火力発電所が稼働することで何十万人が苦しんで死んでることになります。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。