ここから本文です

足の裏のかゆみと水ぶくれ

aiu********さん

2013/6/1213:45:37

足の裏のかゆみと水ぶくれ

半年に一度くらい足の裏(人差し指の腹のところやかかと等)がかゆくなる時があります。
ごしごしと掻き続けると水ぶくれができて、かゆみがおさまります。また半年くらいたつとかゆくなる時があります。
水ぶくれは小指の爪くらいのサイズのものが一つか二つかくらいできます。

ネットで調べても原因がわかりません。
以前同症状で皮膚科に行った人が「原因不明です」と言われた、と書いてある記事をみつけました。
どなたかご存知の方はいらっしゃいませんか?

(いろいろ調べる限りでは水虫ではないように思うのですが。。。)

閲覧数:
9,368
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

編集あり2013/6/1215:01:36

水泡が大きすぎるので水虫ではないかと思います。・・・しかし何だかは解りません。症状があるうちに皮膚科受診をお勧めします。
お大事に。

※異汗性湿疹、汗疱(かんぽう)ではないでしょうか?一度検索してみてください。

質問した人からのコメント

2013/6/16 13:13:48

感謝 お二人ともありがとうございました。
かゆみのない半年~ほどは全くなにもないキレイな足で、一日二日だけかゆくなるので水虫のような気はしないのですが、また教えていただいたワードを調べてみます。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

flo********さん

2013/6/1304:21:02

水虫感染の約90%が、水ぶくれ水虫と趾間型水虫です。
ですのでその可能性は高いです。
水ぶくれ水虫(水疱型水虫)と趾間型水虫があります。
決してすべてがそうではありません。
実は水虫には複数の種類があるんです。
「趾間(しかん)型水虫」、「小水疱(しょうすいほう)型水虫」に分けられます。
足の小指に近い側(第四趾間と第三趾間)ほどできやすく、趾間型水虫の症状は、足指の間の皮ふが、汗の湿気で白くふやけたようになり、うろこ状にはがれて下から赤くただれた皮ふが露出したりします。
一方、水ぶくれ水虫に代表される水虫の種類は、小水疱型水虫です。
水虫の典型ともいえる小水疱型水虫は、足の縁や土踏まずなどに赤みを帯びた小水疱(水ぶくれ)が多数発生します。
水疱が破れると皮がむけることもあります。
水虫の多くは、上記に2種類の症状で90%以上を占めます。
両方同時に発症する場合もあるので注意が必要です。
また他の水虫の種類には爪に感染する爪白癬、かかと等に発症する角質増殖型という種類があります。

水虫だと勘違いしそうな感染症の3例
汗疱(かんぽう)
汗疱は「あせも」の一種です。
小水疱型の水虫と区別しづらく、高温多湿の夏になりやすい特徴があります。
この汗疱は足の「あせも」でして、汗かきの人がなりやすい病気です。
この汗疱は水虫ではないので水虫の薬はまったく無効です。
汗をかく回数が減る秋頃になると自然に治る病気でもあります。

接触性皮膚炎
接触性皮膚炎は、素足でサンダルを履くと直接サンダルと触れる足の親指と人差し指の部分に、発疹や発赤ができる皮膚炎です。水虫だと誤って判断する紛らわしい病気です。

掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)
掌蹠膿疱症という病気も水ぶくれ水虫に似た水疱が出来る病気です。
この疱症は季節と無関係に発症するので、水虫と間違いやすい病気のひとつです。
この疱症は原因としては、金属アレルギー説やビオチン不足説などがあり、現段階では治癒が難しい病気の一種です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる