ここから本文です

太平洋戦争で、日本本土決戦で日本国民が竹槍でアメリカ軍と戦いになる可能性があ...

bkn********さん

2013/6/1221:49:08

太平洋戦争で、日本本土決戦で日本国民が竹槍でアメリカ軍と戦いになる可能性があったんですか?

閲覧数:
4,048
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kou********さん

編集あり2013/6/1814:28:35

ありもあり、大有りでした。当時の日本は軍部を中心に狂っていたのです。東条英機は戦争ボロ負けの昭和20年2月、「戦争はまだ五分五分、米軍との本土決戦があっても敵の三分の一の兵力で勝てます」と言って天皇を呆れさせました。ある閣議で、大臣たちが「隣の部屋に本土決戦用の武器が展示してあります」と言われて行ってみたら、明治三十八年式の小銃や手榴弾と一緒に竹やり、鎌、くわ、弓矢などが置いてあった。それを見て米内海軍大臣は「もうメシにしようや」と出て行ってしまったそうです。

昭和20年6月には国民義勇兵法が成立。男は15歳~60歳、女は17歳~40歳まで、総計2800万人が本土決戦があったら軍隊に召集される事になっていました。ではそれ以外の年齢のものは戦争しなくてもいいのか、、、とんでもない、沖縄では軍発行の県民指導要綱で「軍・官・民の共生、共死」が促進されました。それによって立って歩けるものは老若男女みんな軍と行動を共にした。しかし負けるに決まった戦争で降伏を許さなかったら「共生」はありません。その為に沖縄県民の四分の一が死んだ。国際条約で保証されている戦時の民間人(非戦闘員)の保護を受けることを許さなかった日本軍に殺された様なものです。

本土決戦が起こっていたら、上陸に先立つものすごい爆撃(一万機が予定されていた)と戦艦、重巡洋艦の艦砲射撃で日本各地は更に焼け野原、その上でノルマンディー上陸作戦が子供の遊びに見える大上陸作戦。原爆の戦術的使用も計画されていました。本土に敵を引き込んでゲリラ戦術、などという人もいますがそんなものは漫画の世界です。沖縄の悲劇が日本中で繰り広げられ、単純に人口比率で当てはめると1900万人ほどの日本人が死んだことになります。実際軍部は大西瀧治郎海軍中将を中心に2千万人の特攻作戦を考えていたのですから。

本土決戦の為に無茶苦茶な徴兵が行われ、頭数だけはそろえましたが小銃すらまともに行き渡らず、水筒の代わり竹筒を腰に下げ、わらじをはいた兵隊もいたそうです。にも拘わらず軍は陸軍を中心に戦争継続を主張。天皇の聖断が出たあとですら陸軍の一部は天皇に反乱を起こして戦争を続けようとしました。文字通り狂気の沙汰でした。

(陸軍将校の指導で竹やり訓練を行う主婦たち。日本軍全盛の時ですら勝てなかったアメリカ海兵隊にこれで突撃させようとしたのです)

ありもあり、大有りでした。当時の日本は軍部を中心に狂っていたのです。東条英機は戦争ボロ負けの昭和20年2月、「戦争...

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

アバター

ID非公開さん

2013/6/1710:02:42

初めに言っておきますが、軍部はくるってません。そんなことを言う人は朝鮮人か、本当に頭の狂った日本人です。

絶対に勝てるとわかっていて、ねじ伏せたい相手がいて、勝てばどんなことをしても裁かれないとわかってたら、どうします?

やるでしょ?当時のアメリカです。

アメリカにとって戦争へのきっかけづくりは「絶対に勝てるから」というスタンスからきています。
アメリカ国内でも他国への干渉をして、利益を得るべきだという世論が高まり、大統領もモンロー主義を捨て、侵略にかじ取りをします。
日本が世界の軍事力の50パーセント以上をもつ当時のアメリカと戦うのは現代の人よりも当時の人たちの方が無謀だということはわかっていました。
日本将兵や当時の政治家たちの発言です
「日本はアメリカに勝つことはできないだろう。ただ、我々の子孫が、我々が戦うことで植民地支配をただ受け入れただけでなく、戦い誇りを守ろうとしたことを覚えていてくれれば、いつか、日本は立ち上がれるだろう」
日本が他のアジアの国々と同じように植民地支配されてしまうかもしれないけど、ただ、やられては、誇りも何もかも失い、二度と日本は日本を取り戻せないだろうと言っていたのです。

日本はアメリカと開戦せずに済むように多くの交渉を重ねましたが、モンロー主義を捨て、他国干渉し利益を得るという方針にアメリカは国内世論もあって植民地確保へのかじ取りを決めます。
しかし、アフリカ・アジアには自分たちが支配できるところがありません。
なければとるしかないのです。
そこで目を付けたのが日本です。
蒋介石のアメリカへの参戦依頼も受けて、アメリカは蒋介石と手を組みます。
こうなると、もう、日本は逃げられません。
アメリカに占領されるか、戦うかです。

アメリカは日本へのあらゆる物資の輸出を禁止し、日本の弱体化をはかります。または嫌なら言うことをきけということです。
アメリカの植民地獲得の欲望とアジア地域が共同体を組んでヨーロッパ、アメリカから独立しなければならないという日本がたいりつしていきます。
アメリカ国内では「もっと植民地を得て、利益をえろ」という民意、日本では「強国アメリカの嫌がらせに対し断固闘うべし」という民意が沸き起こります。

よく間違われるのですが、日本もドイツも勝手に軍国家が出来たわけではないですよ。
きちんと選挙でなっているのです。
民主主義の結果です。

日本の内閣自身は開戦は反対でしたが、民意が許しません。
民意に押されるようにして、開戦に踏み切ったのです。

日本人は戦後、ナチスドイツを熱狂的に支持した民衆が、敗戦で手のひらを返したように、軍に一方的に責任を押し付け、逃げました。
ドイツも世界大戦第一次で信じられないほどの賠償金をイギリス・フランスに課せられ、戦後の賠償中にいきなり主要な資源採掘所を襲われ占領されてしまいます。そして、抵抗できず、恐ろしいインフレがドイツ国内で発生し、職を皆失い、大混乱が生じるのです。
ナチスドイツの成立はイギリス・フランスを外しては語れないです。イギリス・フランスが成立させたといっても過言ではないです。
日本もそうです。
アメリカが満州を欲しいと言ってきて、日本を輸出物資で脅したり、日本人を強制収容所へ送ったりしなければ、日本の国内も、世界で50パーセント以上の軍事力を占めるアメリカと戦うことはなかったはずです。
相手が戦わざる負えない戦争でしたが、戦争を支持したのは間違いなく民衆です。
内閣も逆らうことはできません。
アメリカは日本と開戦したがっていたのは、ルーズベルト関連の資料をみればわかります。
大統領が「日本にどうやったら開戦させれるのか」と言ってます。
また、さまざまな嫌がらせを日本にしていたので、日本が開戦するのは時間の問題と見られてました。
そしてなかなか開戦しない日本に対して、ハルノートを叩きつけます。
アメリカ大統領はこうも残しています。
「日本からの攻撃によって開戦しなければならないのだ」と
イギリスの盗聴により、近々日本がアメリカに対して開戦するということがアメリカに伝えられた後、アメリカはハワイにある最新の母艦等を安全な場所へ移動させます。
その後、真珠湾攻撃が起こり、アメリカは大義名分を持って戦うことができたのです。
日本が外交でさけきれたと思いますか?日本は相当外交をしてましたが、この力づくのアメリカの姿勢は日本が許容できるものではなかったはずです。
すぐに植民地になるか、戦って植民地になるか、上層部は相当悩んだと聞きます。
結論は「戦い、その中で和平交渉を探る」というものです。
実際には、弱小国を食おうとしているのに、話なんて聞いてくれはしませんでした。
原爆を落とされる一週間以上まえに日本は降伏を申し出ています。
アメリカは無視しました。
好きなだけやりたいことをしてからでないとやめれないといったところでしょう。
アメリカの目標は「日本が戦後100年はアメリカの支配下にあること」でした
これは記録がありますので、ぜひ調べてください
原爆を落としたときもこれが実験スケジュールの中の行動であったことが資料からわかっています。
負けるとわかっていててもあれほどの残虐な無差別攻撃をされたことを日本人が知っていれば、竹やりでも戦ったと思います。
(原爆被害は戦後しばらくGHQによって隠されていました)

tah********さん

2013/6/1423:08:12

ありました
恐らく沖縄戦の状況がそのまま本土戦になったかと思います

cre********さん

2013/6/1222:25:52

沖縄戦では当初、竹槍での夜襲が有ったらしいので、米軍は火炎放射器に依る掃討に切り換えたと言う話が有るので、似た様な展開に成った可能性は有るだろうと思いますが。

(|…o±\o

he1********さん

2013/6/1222:12:44

まず、ありえないと思います。

艦砲射撃、空爆、砲撃されたら、突撃する前に、戦力は消耗してしまいます。

幸運にも、接近できても、アメリカ兵の方がリーチが長いですから、竹やりで突くまえに銃剣で刺されてしまいます。

bot********さん

2013/6/1221:55:54

キルレシオが1:1000とかならあるいは
でも実際波状攻撃的にやられると精神的肉体的な負荷はかなりおおきいです
ベトコンなんか実際竹槍で戦いました

真面目にいうと竹槍は精神的な面です
「銃後だからって安心すんな、お前らも戦争に参加しているんだぞ」という儀式のようなモノです
会社なんかで社員旅行するのと同じです
慰安というより 会社の結束を高める狙いがあります

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる