ここから本文です

民事訴訟の第一審の二回目の期日に口頭で証人尋問を申請したのですが、却下されて...

tad********さん

2013/6/2112:44:58

民事訴訟の第一審の二回目の期日に口頭で証人尋問を申請したのですが、却下されてそのまま結審してしまいました。事実認定に必要な証人だったと思うのですが、これは時期に遅れた攻撃防御方法と

して却下されたのでしょうか。

閲覧数:
222
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sup********さん

編集あり2013/6/2112:58:44

想像に頼るしかありませんが、裁判所はその人証が当該訴訟においては不要であると判断したのではないでしょうか。
時機に後れたものとして却下されたかどうかは、審理の状況等をつぶさにみなければ分かりませんが、弁論準備手続等も経ず、第2回口頭弁論期日で却下されたのなら、やはり不必要と判断されたと見るのが妥当かなと思います。

質問した人からのコメント

2013/6/27 23:56:59

ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

dai********さん

2013/6/2112:47:47

それは裁判所に聞かないと分かりません。
事実認定に必要だと思っているのは質問者さんだけで、裁判所は不要だと考えたという可能性も充分あります。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる