ここから本文です

ヒラタクワガタがうようよでノコギリがレア

hei********さん

2013/6/2400:43:44

ヒラタクワガタがうようよでノコギリがレア

私は30年位前に東京でクワガタを採集していました
コクワが殆どでノコギリが取れれば嬉しく・・
ヒラタはもうレアで取れたら大騒ぎ、
ミヤマはたまに東京の外れの山に行けば電灯の下にノコギリ並に落ちていて獲れる感じで
赤脚、ヒメは普段はいないのですが、とあるかなり標高の高い山に行くともう50匹以上取れ※嘘のようですが事実、しかも秋
オオクワガタはもう伝説で採集は夢のまた夢、デパートで5万円とか・・でした。

さて質問です。
知恵袋内で、東京でノコギリが獲れない話を先程拝見しました。
しかし驚いたのはのこぎりの話ではなく・・
「ヒラタとコクワはうようよ獲れます・・って箇所です。
ヒラタが東京でうようよ??????
これにはビックリ!

現代はクワガタ採集でヒラタは簡単に採集できてしまう程いるのですか??

補足ノコギリクワガタについて 僕は東京都中部で採集を行っていますが、ノコギリクワ.

ノコギリクワガタについて

僕は東京都中部で採集を行っていますが、ノコギリクワガタがあまりにも少なく不思議です
しかし家から1時間ほど自転車を走らせれば埼玉県との県境で、そちらに遠

征すると当たり前のように取れます
つまり東京都中部だけ、ぽっかり穴が空いてノコギリが生息していません
ヒラタ、コクワガタ、カブトはうようよいますが
これはなぜでしょう?環境破壊なのでしょうか?
回答お願いいたします

ちなみに東京都中部は、西東京市、小金井市、練馬区、国分寺市、三鷹市、小平市、武蔵野市を指します

閲覧数:
5,071
回答数:
4
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yom********さん

編集あり2013/6/2720:19:42

私は、東京郊外在住ですけど、うようよはいないですよ~。
少なくともここ10年は、コクワ・カブトと比べたらヒラタは10%程度。
埼玉との境になる緑地でもヒラタは皆無でしたよ。噂だおれでした。

でも世間では、ヒラタが北上してるのは確かみたいですよね。
10年前は、北は栃木までって言ってたのに、今は北は山形って言うし。

今年は何か変で、5月初旬に初めて見たクワガタがヒラタ40mm♂でした。
ここ10年では初めてです。変わってきたのですかねぇ?

例年ならコクワがどっと出てくる感じの陽気なのに出てこない。
その後のコクワの発生数も少ない感じです。全体的に減ってるんですかねぇ?
コクワが減った分、比率で言ったらヒラタが30%程度に増えてます。
まだノコギリは見てないです。

すみません。ただの雑談ですね。近所の情報提供という事で。

【補足】
皆さんの話を読んでいて思い出したのですが、うちの近所は、確かに、
カブト・コクワ・ノコギリ・ヒラタがいますけど、全種類ともうようよじゃないですよ。
6月下旬~7月中旬に採集者が増えて、採集圧でほとんど見れなくなります。
ノコギリ・ヒラタは6月下旬で終わり。7月中旬以降はカブト・コクワですら細々。
という変わった感じです。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

gen********さん

2013/6/2818:45:00

東京都ではゴミ袋の変更によってカラスが増えた結果、食圧がかかってノコギリは激減したとか。要は捕食者が非捕食者に対し多すぎるのが原因と言われていますが果たして。
ノコギリはよく飛ぶのでカラスの餌食になりやすいですが、ヒラタはめったに飛ばないため捕食される可能性が低く、ノコが減ってヒラタが増えた理由は説明できないことも無さそうです。幼虫は同じようなリソースを消費するので、ノコが減った分ヒラタがニッチを獲得しやすい環境になるでしょう。
また、ここ最近は都心の温度が高い傾向にありますので、南方系のヒラタクワガタにとっては暮らしやすい環境になったと言えます。

今のところ私がメインで活動している埼玉ではヒラタはノコより圧倒的に少ないように思えます。
年間ノコギリなら200以上確認できますが、ヒラタはせいぜい二桁です。

oak********さん

2013/6/2706:10:59

東京都は青梅市近辺で近所の
ガキ共引き連れてたまに行きますが
自分が小学生だった頃よりは確かに
ヒラタ君は多い気がします。
比率で言えばコクワガタ〉カブト虫〉
ノコギリ君の直線になってる形のやつ〉
普通のノコギリ君〉ヒラタ君って感じ
ですかね^_^;

自分も小学生ぐらいの時はヒラタ君捕まえた
日にはヒーローでしたよ(笑)
そのぐらい貴重でしたね♪( ´▽`)

オオクワガタブーム懐かしいですね(笑)
ワイルドの10cmオーバーの個体が100万
以上付いて話題になりましたもんね(笑)

gzb********さん

2013/6/2619:32:14

はじめまして、私は神奈川県在住なのですが、数十年前はノコギリとミヤマとコクワがそれぞれ同じ位の割合で普通に捕まえることが出来、ヒラタは全くいませんでした。また、北海道にはカブトムシがいなかったように記憶しています。しかし、そのうちミヤマの大きさが目に見えて小さくなり今では全く見かけなくなりました。ノコギリもまだ時々見かけるのですが昔に比べて明らかに小型化しているように感じます。北海道の道南までカブトムシが生息しているらしいですし、神奈川でも以前はほとんど声を聞かなかったクマゼミの鳴き声も普通に聞かれるようになってきたので、確かに温暖化によるヒラタの北上は進んでいるのかもしれませんね、しかし、私の周りではヒラタは全く見たことがありません。都心にたくさんいるとのお話から、一つの可能性(あくまで可能性です)として外国から持ち込んだものが増えている可能性もあるのではないでしょうか、植物防疫法が緩和されて外国産のカブトムシやクワガタムシが輸入できるようになって10年くらい経ちますが、クワガタムシは環境への適応性が高い昆虫なので、野外に放たれた個体が繁殖したり在来の個体と交雑している可能性もあるのではと思います。もしも、そうならば、日本産のクワガタは絶滅してしまい、雑種や外国産のクワガタしかいなくなってしまいそうでとても心配です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

せっかくの機会が台無しです

みんなのアンテナ

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる