ここから本文です

化学の問題です。 一酸化炭素0.4molと酸素0.3molを10Lの容器に入れ、27℃に保っ...

mik********さん

2013/6/2402:02:54

化学の問題です。

一酸化炭素0.4molと酸素0.3molを10Lの容器に入れ、27℃に保った。この混合気体を完全燃焼させたのち、再び27℃に保った。燃焼後の容器内の圧力は何Paか。

閲覧数:
841
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

がー さん

2013/6/2403:41:57

2CO+O2→2CO2より,2個の一酸化炭素分子と1個の酸素分子が反応して2個の二酸化炭素分子が生じることから,
0.4molの一酸化炭素分子と反応する酸素分子は0.2mol
よって,上記の混合気体を完全に燃焼させると,容器に残る気体は
0.4molの二酸化炭素分子と0.1molの酸素分子

圧力は,分子の種類に関係しないので,燃焼後の容器内は,
0.5molの気体分子が27℃,10Lの容器内に入っている。
よって気体の状態方程式より(気体定数R=8.3×10^3[Pa・L/mol/K]として)
P×10=0.5×8.3×10^3×300
P=124500Paより,有効数字2桁とみて1.2×10^5[Pa]

たぶん

質問した人からのコメント

2013/6/24 03:59:32

降参 ありがとうございました(^_^)

わかりやすかったです(^^)

助かりましたー☆

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

che********さん

2013/6/2403:37:40

燃焼の化学反応式は
2CO + O2 → 2CO2
量論比2:1であることから、反応するのはCO 0.4molとO2 0.2mol
生成するのはCO2 0.4mol
反応後の混合気体の組成はO2 0.1 molとCO2 0.4 mol
気体の状態方程式から、R = 8.314 J/mol Kを使って
P = nRT/V
= (0.5 mol)(8.314 J/mol K)(300 K) / (10 ×10^(-3) m^3)
=1.247×10^5 Pa
=1 ×10^5 Pa

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる