ここから本文です

ジャズアドリブのコード進行について

utb********さん

2013/6/2505:04:03

ジャズアドリブのコード進行について

現在、大学のジャズサークルでアルトサックスを吹いています。

近頃、ソロを吹くことが多いのですが自分自身コード進行やコードに関しての知識が乏しくいざソロを吹こうと思っていてもものすごい単調なものになってしまい自分で吹いていてとてもつまらなく困っています。


いつもリズムは出てくるのですが、それに見合う音が分からず結局コードから外れているような音を吹いてしまうなどということもかなりの頻度であります。


そのため、コードに関しての知識を多く仕入れたいと思っています。

何か、コード進行、およびコードをもととしたソロの組み立て方などいい情報が載っている本やサイトなどあったら教えてください。

よろしくおねがいします。

閲覧数:
1,120
回答数:
5
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ten********さん

2013/6/2515:51:27

コードの知識を仕入れるというより、曲の分析ができるようになったほうがよろしいかと思います。分析によって使用できるスケールを明晰にしていきます。そのために参考になる本として、『水野式音楽理論解体新書』をおすすめします。ご自身が演奏する曲の調やコード、スケールを逐次確認をしていくと参考になると思います。また、音楽理論自体の知識がないようでしたら、頭からまるまる読むのがグッドです。この本は講義口調で書かれていますから、独学者に優しいです。

コードをもとにしたソロの組み立て方については、本を知りません。私の方法は、曲を分析した後に、同じ曲を演奏している巨匠の演奏を聴くなり、コピーをすることで、巨匠がどのようにソロを組み立てているかわかります。コードトーンに忠実に演奏する方、ある程度スケールから自由に演奏する方、同じ奏者でも曲や部分で違ったりと、興味深いです。

私の回答が参考になれば幸いです。演奏がよりいっそう楽しくなるよう、祈っています。

質問した人からのコメント

2013/7/2 21:33:42

今一番自分が聞きたい内容が答えになっていたのでBAとさせていただきます。
ほかの方の意見も今後踏まえより一層励んでいこうと思います!
ありがとうございました

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

pap********さん

2013/6/2922:19:47

私はコードやスケールの理論からスタートするのはどちらかというと反対です。

自分なら以下のような順番で練習します。

①Fブルースのベースラインを自分で弾ける(吹ける)ようにする。
②Fブルースのコード進行を分散和音にして吹く。
③Fブルースのテーマのメロディフェイクをたくさん演奏する。
④Fブルースのソロを30コーラス分くらいコピーして演奏する。
⑤異なるソロのコーラスをつぎはぎして演奏する。
⑥異なるソロのフレーズをつぎはぎして演奏する。

これがアドリブ練習の基本だと思っています。
Fブルースを選んだのは、いろんなアーティストが演奏しているからです。
同じことを次はB♭ブルースやリズムチェンジでもやります。

これが楽にできるようになった頃には、自然とコード感もついてくるので、
そこからスケール理論などを始めてみてはいかがでしょうか?


ちなみに、「手クセで吹くな」とか「フレーズに頼るな」という人がよくいますが、
とあるアメリカの超有名プロは笑いながらこんなことを言ってました。

「手クセのフレーズが1万個あれば、そうそう同じフレーズは出てこないし、
どの手クセを使うかを瞬時に選んでセンスよく演奏できるのがプロの技術」

いつか自分でもこんなことを言えるようになってみたいですね。

fit********さん

2013/6/2618:44:21

リズムが出るなら簡単です。モード奏法を徹底してやることです。自分のスタイルはこれだ、と言うほどにモードを使い切るといいですよ。初心者はそれでいいです。するとだんだんマンネリに成ってきます。じゃあどうすればいいと考え始めたら、NHKから出ている「ジャズの掟」(ジャズのおきて)を買うことです。ビバップからモード、コード、スケール練習法など事細かに解かりやすく解説。

opt********さん

2013/6/2513:35:06

コード一個の構成音を把握してコードトーンアルペジオをいろんなパターンで演奏してみると和音に合った流れになります。当たり前だけどもコレが出来ないひとが多いのです。それが出来てからフレーズを練習しましょう。

dpj********さん

編集あり2013/6/2604:37:15

アドリブソロも大事ですが、本当の意味でコードに強くなるには、『鍵盤でのコードワーク練習』が必要です。

知識を得るのも大事ですが、『実際の響き』をご自身で弾いてみて体感し音感中枢に叩き込むのは凄く大切な事だと思います。

アドリブソロを演奏する為には『ハーモニー感覚』は必須です。

コードの流れを感じる→アドリブソロの流れを感じる

コード進行及びコードワークの『聞き取り能力』を身に付けなければなりません。

具体的な事を言えばナチュラルテンションとオルタードテンションの聞き分けなども必要です。

実際に自分自身でコードを弾かないと身に付かない能力です。

家電量販店などでキーボードが安価で売っています。

本当にコードを理解したいのであれば、サックスの練習と並行して、鍵盤でのコードワークの練習を強くお勧め致します。

理論的に音を考える際にも大いに役に立ちます。

更に欲を言えば、鍵盤でウォーキングベースが弾けると、より一層アンサンブルの理解が深まる上に、自分でアドリブソロのマイナスワン音源を作る事も可能になります。

そしてアドリブソロに関しては、ジャズプレイヤー達の演奏をコピーして『音使いの実際』を学んで行く事が大切だと思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる