ここから本文です

薬害B型肝炎訴訟から和解し2年が経ちましたが和解金の受け取り条件が厳しく予定...

goi********さん

2013/6/2900:44:52

薬害B型肝炎訴訟から和解し2年が経ちましたが和解金の受け取り条件が厳しく予定された40万人に対してわずか3600人しか受け取れていません。
和解金受け取りには母子間感染でないことを証明する必要があり、
すでに時間が経過し母親が他界し証明するデータがないなどが理由です。
海外療養費や外国人生活保護など性善説に基づく制度が多いのに、
なぜ消えた年金やB型肝炎や水俣病の救済は性善説を採用して無条件救済をしないのか不思議です?
日本はデフレでしたから救済金をばらまけばそれだけ確実に経済効果が出ました。
経済効果と過去の精算を同時に出来たのにやらなかった過去の歴代自民党政権や
和解しながら実質的に門戸を閉ざした民主党政権は何を考えているのでしょう?
3兆円の和解金は同額の公共事業と乗数効果は同じです。
どうせ使う税金が同じなら有効な使い方をすべきだったのでは?

閲覧数:
4,628
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sir********さん

2013/7/101:08:27

こんにちは、おっしゃる通りですね、C型なんかもっと悲惨です、そもそも予算枠にB型患者40万分の申請を厚労省から国に要請して、足らない分は増税なんですね、だけど救済は40万???いっそのことB,Cキャリア~ガンひっくるめて全員救済してもらわないと国家的な詐欺です。

質問した人からのコメント

2013/7/5 15:38:28

国は無条件全員救済をすべきです。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

san********さん

2013/7/108:30:18

薬害B型肝炎訴訟何て訴訟は誰も起こしておりません。

集団予防接種による感染者の全国B型肝炎訴訟なら和解が進んでおります。

薬害C型肝炎訴訟なら提訴締め切り期限が迫っております。

B型肝炎訴訟のケースですが、母子感染で無い事を証明するのに母が他界し証明しにくいケースでも、客観的に証明できればOKとなっています。

あなたのケースかどうか知りませんが、このケースなら弁護団ならノウハウを持ってると思いますけどね。同様のケースで和解された方もいますしね。

それと3兆円と試算していますが、3兆円なんて当時の民主党は最初から支払うつもりはありませんでしたし増税の為の口実として扱われました。3兆円なんて弁護団も予測どころか請求もしていません。

客観的に証明できるケース
母が他界→兄弟や親族の検査で客観的に証明する事が可能。
母子手帳が無くても当時の通信簿とかを代用可能。
更に当時の医療関係者の証言があれば◎
提訴する本人が行動を起こさなければ救済される事はありません。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる