ここから本文です

ホームページを出さない道場

mam********さん

2013/6/2909:10:51

ホームページを出さない道場

過去に空手を習っていたことがあるのですが、その道場を見つけるにあたっては
・インターネットで道場のサイトを見比べる
・市の広報誌や市営体育館などの掲載ポスターで確認する
といった方法で調べた記憶があります。

結果、私は体育館掲載のポスターで入門先を見つけましたが、その道場の場合はサイトがありませんでした。

御当地の武道としては空手のほか、少年向けの柔道があり、また学校の部活限定で剣道があります。

しかし、学校の部活はまだしも、町道場の類となるとサイトが出ていない所が多いです。
そのため、ご当地に実際どのような武道、流派が上陸しているのか皆目見当が付きません。

逆に、フルコン空手のサイトは積極的に運用されており、全国レベルでどこに道場があるかを確認できます。
この時代、サイトを通じて宣伝することで、入門者を多く獲得するきっかけになると思います。それだけに、空手(特に伝統派)はサイトで宣伝されていないことが多く、「入門者が少ない」といったところで致し方ないように思います。

そこで質問ですが、
武道の道場がサイト(ホームページ)を出さない場合、どういった理由が考えられるのでしょうか。

補足私が所属していた道場の場合、師範が80歳近い人で本業は農家。
道場生は50代の有段者2名と、段外者は私だけでした。
道場の路線としては、試合を気にしつつ試合には軸足を置いていないようで、有段者同士による「形研究会」的な路線でした。

数年前までは小中学生も6人くらいいましたが、今は誰もいません。また、師範も「広報誌での募集をやめる」と宣言してからは、どの広告媒体にも紹介されていません。

閲覧数:
187
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nai********さん

2013/6/2911:48:42

こんにちは。私の空手の師匠は80過ぎで、メールを出したら相手に「今、メール出したよ」と電話する人間です。なので、ホームページ、ましてツイッターやSNSなど全くわからないし興味もありません。道場のホームページも弟子が許可をとってやってますが、何せ師匠本人が興味ないから、たいしたホームページになりせん。それでも何だかんだ生徒は来るもんです。また、最近独立した後輩(30代)も自営業のためパソコンとは無縁な人間です。せいぜい携帯メール止まりです。ホームページを出したり、ツイッター、フェイスブックなどやれば生徒は、やらないより集まるでしょう。しかし、パソコンの知識がないんですよ。あとパソコンの知識があっても頭がクリエイティブでないとホームページはできません。つまりやりたくても出来ないんですね。世の中みんなが自分と同じレベル、常識、考えと思ったら違いますよね

質問した人からのコメント

2013/6/29 12:38:37

情報分野をたしなんでいる生徒が増えれば、運営スタイルにも何らかの変化が現れるのかもしれませんね。
かといって、そういうスキルの人とか今どきの人は比較的フルコンを選びそうですし、伝統派には「草の根」的な宣伝活動が求められそうですね。
ご回答ありがとうございました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる