ここから本文です

歳差運動がイマイチ分からん

tak********さん

2007/3/423:01:26

歳差運動がイマイチ分からん

歳差運動は自転軸がコマの首振り運動みたいに、26000年くらいかけて回転することをいうらしいのですが、
①北極から見て自転軸は時計回りに回転しているのか、それともその逆か。
②歳差運動によって天球上の春分点が毎年西に50秒ずつ動くらしいのだが、なぜか。
以上二点について、教えてください。また、よくわかるサイト等あれば、教えてください。
よろしくお願いします!

閲覧数:
5,258
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ll_********さん

2007/3/516:02:22

初めまして。

まず①についてですが、北極から見ると、自転軸そのものは「反時計回り」に回転しています。
一方、自転軸の歳差運動は、北極方向から見下ろすと「時計回り」(地上から見上げると反時計回り)となります。

②につきましては、「歳差運動は約26000年で一回りする」・・・と言うことは1年で360度移動するわけですので、
1年あたりの移動角は360度÷26000年≒0.0138度/年となります。
1度の1/60の角度のことを「1分」、更に1分の1/60の角度のことを「1秒」と言いますので、
1度は60×60=3600秒となり、0.0138×3600≒50秒/年となるわけです。

なお、歳差運動の理由は、『地球の赤道面が黄道面に対して約23.4度傾いていること』、
『地球は赤道部が少し膨らんだ楕円回転体であること』等から、
月・太陽から自転軸を垂直に立てようとする力を受けて起こる・・・と言われていますが、
詳細なメカニズムは明確になっていない部分もあるようです。

分かりやすいかどうかはご容赦頂き、以下サイトが参考となりましたら幸いです。
http://homepage2.nifty.com/turupura/yougo/Kansoku/saisaundou.htm
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%B3%E5%B7%AE%E9%81%8B%E5%8B%95
http://www9.plala.or.jp/h-suto/pr/20060325.htm

m(_ _)m

質問した人からのコメント

2007/3/5 22:30:25

笑う どうもありがとうございました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

sta********さん

2007/3/515:19:39

①北極の真上から見ると時計回りです。
 理由は、才差の一番大きな原因である潮汐力をもたらす月が地球の自転(北極上空から見 て反時計回り)とは逆向きに地球の周りを公転しているからです。
②約50秒というのは簡単です。360度を才差の周期26000年で割り算した数字です(ご存知と 思いますが360度=360×60分=360×60×60秒、ここでの分も秒も角度の単位です)。
 向きは、図を書けないので説明しにくいです。春分点は黄道と天の赤道(地球の赤道面を拡大 していったときに天球と交わってできる円)が交わる点二つのうちのひとつです。そのうちの天の赤道 が、地球の才差により、(北極の真上から見て)時計回りに回転してゆくために、春分点は黄道上 を時計回りにつまり西にずれてゆきます。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる