ここから本文です

文系にとっての線形代数(ベクトル・行列)の大切さ(計量経済学以外で)

アバター

ID非公開さん

2013/7/823:06:58

文系にとっての線形代数(ベクトル・行列)の大切さ(計量経済学以外で)

今、線形代数を勉強しています。文系数学としても微積分と並ぶ重要分野と聞いているためです。
線形代数を一番使うのは計量経済学だと感じています。計量経済学はほぼ線形代数を言語として作られていると思います。
あとは産業連関分析でしょうかね。

しかし、計量経済学・統計学、産業連関分析以外で、線形代数の役立つ分野ってありますか?
特に経済学以外の文系学問で使われている分野ってありますか?

閲覧数:
568
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

vel********さん

編集あり2013/7/823:22:25

(*・ェ・*)ノ~☆コンバンワ♪

ベルだよ~♪

なんか、難しいこと言ってるね。難しくて、ベルには、意味プーさんだよ~♪

線形代数の使い道?

簡単に言うと、連立方程式、連立微分方程式、状態方程式といったような式が立てられるような分野すべてに使えるんじゃないのかな~☆

制御システムとかはわかりやすい例の一つかな。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる