ここから本文です

日本の古代史において聖徳太子が果たした役割って、なんですか?

par********さん

2013/7/1122:29:54

日本の古代史において聖徳太子が果たした役割って、なんですか?

閲覧数:
537
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ann********さん

2013/7/1200:52:30

んーーーーーーーーーーー
難しいですね。

聖徳太子という人物の存在さえ現代の歴史学では疑われ、現代の教科書では消極的な書き方をされています。
聖徳太子にあたる厩戸皇子という人物が存在したのは確かなのですが、彼が実際に何をしたのかは実はわかりません。
聖徳太子という立派な人物が色々と立派な事をしたという事になってはいるのですが、色々と立派な事が実際に存在したのかが疑わしい上に、それ以上に立派な事が存在したとしても厩戸皇子がそれをやったのかというと否定的な意見が今は主流です。
彼が生きていた時代に政治の実権を握っていたのは蘇我氏ですが、後の世に悪者とされた蘇我氏の立派な事の部分をを厩戸皇子がやった事にするために、厩戸皇子を聖徳太子という立派な人物に仕立てらてたのではないかという事です。

実際に厩戸皇子(聖徳太子)がやったかは置いておいて、一応彼がやったという事になっている立派な事を上げるとしたら、下記の3つになります。

1.後の律令時代につながる国家体制の母体を作った。
冠位十二階や十七条憲法を制定したというものです。
後の律令体制とは比べるべくもない素俗なものですが、法と制度による中央集権的な体制を日本で始めて作ろうとしたものです。

2.対外的に独立国家として日本をアピールした。
「日出處天子致書日沒處天子無恙云云」と、当時日本とは比較にならない大国であった隋に対等な立場を主張した。

3.日本に仏教が広まるのに大きな役割を果たした。
皇族で始めて積極的に仏教の普及に努め、皇族や豪族などが仏教が広く広まるのに大きな役割を果たした。

以上のうち3は、たぶん厩戸皇子の功績といっていい部分だと思います。

質問した人からのコメント

2013/7/18 10:21:09

降参 皆さん、ありがとう御座いました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

pin********さん

2013/7/1307:59:30

600年と607年に、隋の文帝、煬帝に使者を派遣した、「九州倭国王阿毎多利思北孤」を「日本書紀」は隠蔽しています。
「聖徳太子は、厩戸皇子と阿毎多利思北孤を合算したものです」。
「日本書紀の聖徳太子は、阿毎多利思北孤のダミーの役目を十分に果たしました」。

tou********さん

2013/7/1123:07:40

身分制度の確立と憲法の制定だと思います。

闘神将

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる